スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい相棒は・・・

えー、、、ロハスの翌日
2日間の疲れもなんのその!
早朝より、滋賀・大津にあるO弓具店に行ってきました。

金曜日の教室のお仲間が、クルマを出してくださり
5人でワイワイ(いや、、、騒いでいたのは私だけか(^_^;)
乗り込みました。

私のお目当ては、新相棒となる竹弓。
お友達のI原さんは、「中る矢」探しww

お店のおじさんと懇意にしているN谷パパが
前もって電話をして、頼んでおいてくださったので
なんと!15張りもの竹弓が、相棒候補として
私を待っていてくれました。

まずは、とりあえず、1張りずつ、肩入れをしていく。

その時点で、しっくりこなかった8本を
1次予選敗退としました。

肩入れ、というのは、
弦を実際に引っ張って、肩が入るくらいにまで
弓を引くのですが、矢を番えているわけではないので
そのまま離すわけにはいきません。
だから、引いた弓をソロリと戻すんですね。

・・・・これが、めっちゃ疲れる・・・

いつもは、エイヤ!と離すからそれほど疲れないのだけど
もどすのが、しんどい。。。

で、7本にはしぼったものの、そこからが大変!!

どれがどれだったか、わからないし、
だんだん疲れてくるから、感じ方も変わるし・・・

で、最終的に3本に絞り込みまして、
その時点で、店主のおじちゃんが
「この3本で悩んでいるなら、もう絶対コイツにしぃ!」との
後押しで、新しい相棒を決定しました。

11-17-03.jpg

おっそろしく素直なヤツです。

とにかく、今の時点での成り(姿形)は、サイコーでした。

以前の弓が、じゃじゃ馬だったので
今回は水戸黄門さまに仕える「助さん・角さん」のような
しぶい、実直なヤツを迎えるつもりでした。

11-17-05.jpg

銀文字 【特作 永野一翆】

弓会では、よく知られたトップブランド。
同じ道場でも、たくさんの方が使っておられます。

11-17-04.jpg

握り皮は、張り替えるのですが、
ここらあたりが、なんだか、とっても渋いヤツでしょ??

で、きっと、私の弓友だちならお気づきだとおもうのですが

「今回、えらい、太い弓にしたやん」

11-17-01.jpg

私は身長と体格のわりに
手と足が、異常に小さいです。
足袋も23cmというと、ビックリされます。

手も小さいので、弓も細めの方がいいだろうと
1張り目のカーボン弓・巴ちゃんも
2張り目の入院中の竹弓・飛梅ちゃんも
細みを選んできました。

ところが、私の手は、手が小さいにもかかわらず
弓を挟んで押すところの、親指と人指し指の間が
他の人に比べると、めちゃめちゃ広いんです。
(サルが、木をつかんでいたころから、進化していない??)

だから、細めの弓を選ぶ必要はない
ということで、今回は思い切って、太めにしてみました。

しばらくは、巻き藁のみで、1日10本までくらいにして
徐々に馴らしてやってくださいと言われたので
昨日も今日も、巻き藁のみで引いていますが・・・

いや~~めっちゃええですぅ~~♪

しっくりきます。安定していて、とってもラクww

調子こいて、巻き藁で、ガシガシ引きそうになって
みんなに「もう、あかんで!!」と
羽交い締めにされて止められました。

ああ~~早く、的前で引きたいなぁ~~

というわけで、新相棒は

【角之進】

文字通り、角さんと名付けました。

ささっ、みんなに印篭を見せつけて
ひれ伏せさせておしまいっ!!

角さん、その姿の渋さとは違って
お召し物は、とても派手派手ww

11-17-02.jpg


*******

飛梅ちゃん、無事退院いたしました。

結局、外竹のボンドがはがれただけだったので
張り直してもらいました。
今日退院し、生まれ故郷をすでに旅立ったようです。
明日には、帰宅かな。
会えるのが楽しみです。

これで、二刀流??(笑)
思い存分、ガシガシひけまする。



飛梅ちゃんの怪我原因について、
私なりに勉強してみました。

もともと、少し癖があるといわれていた飛梅ちゃん。

下成りが強かったので、上側に負担が、よりかかったのだと思うのですが
弓の損傷には、いろいろと原因があるらしい。

まずは、弦の種類。

竹弓には、やっぱり麻の弦をかけたほうがいいらしい。
麻の弦は、もし、余計な力がかかったら
すぐに切れて、弓には負担をかけないそうな。

でも、私のようなへっぽこ弓引きが麻弦を使うと、
ほんと、毎日切るんじゃないか、、、と思うので
切れにくい合成弦をかけるけど、結局その疲れは全部弓に残っていくらしい。

で、弦の太さ。

私は15キロに、0号という、
決められたものより細い弦をかけていました。
普通0号は13キロくらいまで。
別に、特に理由はなかったのだけど、
初めて15キロを引いたときに、1号弦だとしんどかったのが
0号だとラクに感じたから。

ところが、この細すぎる弦というのも
弓のバランスを悪くし、やっぱり負担をかけるんだって。

それと、矢。

こちらも、弓に合わない、軽すぎる矢を引くと
弓に負担がかかるそうです。

一番最初に矢を買ったとき、
男性と女性だと、シャフトの太さが違う
重さの違う矢を買いました。
で、そのまま、「女性用」を使いづつけているのですが、
15キロの伸寸弓となると、男性が引いているのが多いのです。

弓は男性用なのに、矢は女性用の軽いやつのまんま
ってことになり、やっぱりこれも、弓に負担がかかっていたんでしょうねー。

ちなみに私の矢は、羽根・矢じりをいれて
1本25gでした。
同じキロ数の弓を引かれている男性の方は
何グラムの矢をつかっておられるのかなー。


・・・というわけで、
「これしては、いけませんよ」ということを
すべてしていたことがわかりました。

ごめんね。梅ちゃん。

今度は、相棒たちが元気に過ごせれるように、頑張ります。



O弓具店のおっちゃんに
「おねえさんは、立派な二の腕されているので
 あと1~2キロは強い弓を引けるようになるよ」
と、褒められた。

・・・褒められたんやんね??




コメントの投稿

非公開コメント

まっくろなかもめさんへ

控えおれ~~頭が高いっっ!!

真っ白なかもめさんが、ドロンドロンのまっくろけですがな!(笑)

へそくり、使い果たしました。
また、カッパ作って小銭をためないとww

たしかに竹弓は、一張り一張り、個性がありますよね。
飛梅ちゃんは初め、大三から横に10cm引くのが
ものすごく大変だったんですけど、会では楽になる弓でした。
角さんは、ほんと楽ちん♪すーっと引きわけられます。
・・・多分、弓の性格もあるけど、
15kgが楽に引けるようになってきたんだと思うんですけどww

O倉弓具店のおっちゃんに
「りっぱな二の腕しているから、あと1~2kgは強い弓を
引けるようになるよ~」と褒められました。


・・・・褒められたんやんね???

No title

竹弓、二張り体制ですかぁ~、しかも一翠だし、くぅ~、贅沢だぁ~!

自分は竹弓を持ってないけど、以前いくつか引かせてもらったら、
カーボンやグラス弓よりもずっと癖があるというか一張りごとに
個性があるんだと思いましたよ。

気に入った弓に出会われたようで何よりです。また、竹弓は育てる
ものらしいので、邪念の篭った弓にならないよう気を付けましょうね。

それにしても「一翠」を「角さん」と名づけちゃう所がカスピちゃんらしい。
で、「角さん」名付けたってことは、カスピちゃんが・・・・、「○門さま」?
まさか!?やっぱりどちらかと言えば、「▼_▼代官」さまでしょう!エヘヘ

「角さん」の写真を見たら、竹弓が欲しくなって来ました。
カスピ堂のバッタもんで小銭稼ぎでもするかぁ~!
これからHNも「かもめ」から「カスペ」に変えようっか。アハハハ!

あきさんへ

初めの竹弓・飛梅ちゃんは、
勉強のために買ったので、「つぶす」覚悟は出来ていましたが
まさか1年ではぜさせてしまうとは思いませんでした。
やっぱり、竹弓は難しいです;;

射形もだいぶん、安定してきましたので
これからは、2本の弓を相棒に、精進していきたいと思います。

いつかロハスに遊びに来てね^^

ありがとう♪

No title

ロハスお疲れ様でした。
私もいつか遊びに行きますv-237

新しい相棒が出来たのですね。
私はカーボン弓を使っていたので
弦の種類や矢の重さは考えたことも
ありませんでした。
角さんと梅ちゃんが元気に活躍出来るように
これからも頑張ってください。
プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。