スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のろまなカメ!

ほんと、この夏ほど、たくさんの汗をかいた夏はないです。

で、私は相変わらず、暑い中
弓、引いてます。

なかなか引く本数を増やすといっても
一筋縄ではいかず、、、
まだまだ、「無駄な力はいれず、ラクに引け!」と言われても
うまくいかず、、、

ただ、ひとつ身をもってわかったことは、
注意されてことを頭において
気合いをいれて引くと
1本引くにも、かなりの体力が入り、
そんなに何本も引けないっていうこと。

本数を引こうとすると、やっぱり手抜きになって射形がくずれてくるし、
まだまだ未熟者でございます。

******

で、日曜日は例の「スポーツ指導員講習会」がありました。

今回が、2回目。
・・・・相変わらず、緊張でお腹が痛くなって
学校を休みたくなる、小学1年生気分です(^_^;)

昨日は、先生方の射を見て、批評せい!という課題があり
今年全日本大会に出場される先生の射に
私が何を言えようか!

でも、あとから落ちついたら思いましたが、
どうしてもこういう課題になると、
「悪い点」「修正点」を見つけることに偏ってしまいますが、
「いい点」「見習いたい点」をあげても
よかったんだろうなー・・・と。
ガイコクなら、きっとそうするなーと。

どちらにしろ、その方の射をじっくりみて、
その中からなにかを見つけだす、というのは
まだ経験の浅く、「薄っぺらい辞書」しか持たない私には
とても難しいことです。

そして、改めて、
この講座は「指導者育成」のものなのだと痛感しました。

射技指導では、私だけ基礎の基礎を指導されているのが明らかで
こんなレベルの射を、この場で先生方に指導されているのが
恥ずかしかったです。
一番へたっぴなのは、わかっていることなのですが
これから私にはどれくらいの伸びしろがあるのだろう・・・と
不安になりました。

他の参加者のみなさんは、すでに「弓道」において
一応のレベルに達していて、それを公式に認定してもらうということで
この講座に出ておられます。

私の場合は、この講座を修了して、「指導者認定書」をいただけたとしても
いつ、弓道がそのレベルに達することができるのか、
また、そのレベルまで行くことができるのかが、わからない。

講習参加中はいつも
もし、ここに保健室があるなら、逃げ込んでるなーと思う。

カナダに行った時も
オランダに行った時も
初めて語学学校に行った日は、こんなんだったなーと思う。

「今日は、行きたくないけど、もし休んだら
きっと私は二度と行かなくなる。
今日逃げたら、私は二度とあの場所には戻れないだろう。」
と思い、自分のお尻を叩いていた日々・・・

この年になって、またこんな経験をさせてもらえるのは
ありがたいこと。

今の段階で、こんな素晴らしい方々と一緒に学べることに感謝するとともに
いつか必ず胸を張って、この講座の「同期」であることを
誇れる弓道人になれるように
がんばらないといけないなーと。

やっと見えた頂きへの昇り口の手前には
まだ越えなくてはいけない、
こんなに広く深い淵があったことに愕然としている私でございます。

あせったところで、どうしようもない。

さっ、1歩ずつ、練習練習!!





でも、ひとつ
昨日、思わぬ収穫がありました。









09-12-01.jpg

こちら、弽(ゆがけ・かけ)という
右手にはめるグローブです。

横の黒いのは、「カケタン」(笑)
シリカゲルが入っていて、
カケを保管しておくときに中に巻いて
湿気を取ります。

昨日の講習会のときに、
受講者同士が相手の射を観察して指導する、というのがありました。
私を見てくださったのが、ID上さん。
この方、このカケを作る職人さんでもあるのです。

09-12-02.jpg

親指の腹に、このような溝がついていて
ここに弦をひっかけます。
で、親指の腹で弦を押し、手前にひねるようにして、弦を固定し
それで弓を引いてくるのです。
ひっかけてあるだけなので、手前への「ひねり」が戻ると
弦が離れ、暴発してしまいます。

私は常々、この「ひねり」が緩い!と指導を受けています。
もっと親指の腹で弦を押せ!と。

この日も、同じ指導を射技演習のときに受けまして、
自分では押してるのに・・・と思ってました。

で、このID上さんが私の射を見てくださったときに
「カケの親指が大き過ぎるね。これじゃ、充分に押せないでしょう」と。

!!!!!

初めて道具を買う時に、よくわからないまま選んだカケなので
手に合ってないのは、うすうす感じていました。
親指が大きすぎるのも、以前よりわかってたけど
それが影響しているとは気づきませんでした。

さすが、プロ!!
ありがとう!ID上さん!!

で、思い切って、新しいカケを作ってもらうことにお願いしました。
指の長さや太さを計っての、オーダーメイド。
今、オーダーが混み合っているので
出来上がりは、早くても年内ギリギリ。

楽しみに待つことにします。

これは、今年のお誕生日プレゼントとして
トノに買ってもらうことになりました。

ありがとね^^







コメントの投稿

非公開コメント

みなさんへ

バタバタしていて、お返事がすっかり遅くなりました。
すみませんm(_ _)m

*フデコさんへ*
はずみで「カケ」頼んじゃいました。
でも、今、注文が混み合っているらしく
多分早くて、年明けかなー・・・
それまで、今までのカケを改造して使おうと思ってますww

*okayaさんへ*
勉強させてもらえることは、ありがたいことなのですが
なんせ、まだ自分にそれを充分に吸収できるほどの器がないので
せっかくの経験がダダ漏れですわ;;
のろまなカメですが、ボチボチがんばります。

*ぽんすけさんへ*
空手のグローブ、、、ボクシングのようなのを使っておられるのかな?
ワカが空手をしていたときは、クッションの入った
サポーターのようなやつだったので、
洗濯機でゴロゴロ洗ってましたっけ。
この溝が重要な役目をするんです。
前のカケは、溝優先で選んだので、手には大きかったのですが
新しいカケの溝が自分に合うか・・・・ちと不安です^^

*ぺんたさんへ*
応援ありがとう^^
カメの歩みでも一歩ずつ進んでいくことが
楽しいですよね。
お互い長い道のりを一歩ずつ頑張りましょうね♪
共に歩める友に出会えて、うれしいです。

No title

カスピちゃ~ん
私も写真じゃカメだよぉw
もう、ほんと、一歩ずつしか進まないよ
できないけど、苦しいけど、でも楽しいよ

お互い、頑張りましょうー♪

No title

おお、ユガケもオーダーメイドなんですね。
でも、カラダに合ったものをつければ、それだけフィットして
いい引きができるんでしょうね。
カケタン可愛い~♪
みーすけの空手のグローブも終わったあとは汗がべっとりなので、
いつもタオルやハンカチで拭いてからしまいますが、
こういうのがあれば、もっといいんだろうなあ。
 
新しいお道具が揃えばそれだけ気合も入るというもの。
ユガケの到着が待ち遠しいですね。

No title

>・・・緊張でお腹が痛くなって
学校を休みたくなる、小学1年生気分・・・
私もよくあります(^_^;)
今の青年部に入った時も
先生の言われるままに軽~い気持ちで入部したら
あまりにも実力と経験に差があって何度逃げ出そうと思ったことか(笑)
今となっては、とりあえず逃げなくてよかったかな。

オーダーメイドのかけ、出来上がりが楽しみですね!

No title

おおっ、飛梅ちゃんに、カーボン矢にオーダーメイドのカケまでそろえば、鬼に金棒の上に特注鎧を着せるようなものじゃありませんか!!!
バージョンアップするカスピちゃん恐るべし(笑)
また是非道場でお披露目してくださいませe-51
プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。