スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワカ流励まし

kay11.jpg

その後のカイですが、
このようにすっかり元気になりました。

傷の方も、順調に回復してきているように思いますが
なにせ、掻くんでねー・・・ε-(ーдー)ハァ

エリザベスカラーはつけない・・・ということでやってます。
お医者さんが、病院でのカイの緊張ぶりに神経質になられて
「カイくんにはつけない方がいいでしょうねー」ということになりました。

爪が大きいので、掻いても
爪がひっかかって、ステッチがはずれる・・・ということは
まずないそうです。
よほどのことがない限り、週末抜糸して手術完了です。

*****

カイが手術を終えて帰ってきたとき
あまりの傷の大きさに
母としては落ち込んでしまいました。

今更言っても仕方ないけど
もう少し早く連れて行ってやれば
こんなに切られなくてもよかったんじゃないか・・・

バイトから帰ってきて、同じくその傷をみたワカも
かなりビックリした顔をしていたのですが
ニヤっと笑ったその口から出た言葉は、予想外でした。

【おぉ~!カイ!頑張ったの~!
ブラックジャックみたいで、
かっこええやんけ~!!】



*****

ワカは小6のときにオランダで盲腸の手術を受けました。

手術になったとき、すでに盲腸はいつ破裂してもおかしくないほど
ウレウレになっていたのと
多分、それを大事に取り出そうとした
オランダ人医師の手が大きいかったからか??
その右わき腹に残った傷は、いまでも10cm超あります。

日本で手術を受けていたら、こんなに大きくは切られなかったのにな・・・

親としては、いくら男の子とはいえ
大きな傷を残したことに、やっぱり落ち込みました。

2週間後、傷が治って復帰した空手のクラスで
先生が「おお!元気なったか!えらかったな~
おぃ!傷、見せてみろ!!」といいました。

「うぉ~!!かっこええなぁ~~!!
男は、傷の勲章くらい、
持ってる方が強いんやぞ!
先生の傷より大きいなっ!!
うらやましいぞ!」



今でも忘れません、あの時のワカの晴れ晴れとした笑顔。

それまで、傷を見せると
「大きいね・・・かわいそうにね・・・」といわれることはあっても
「かっこええ!うらやましい!」とは誰も言ってくれませんでしたから。

カイが元気になったのは、ワカのおかげかもしれません。

どうやらワカは、大好きだった空手の石川先生の教えを
ちゃんと引きついで、成長しているようです。


kay12.jpg

おかあちゃん
散歩行くときは、声かけてや~








コメントの投稿

非公開コメント

ぺんたさんへ

すっかりお返事がおそくなってすみませんでした。

子供は親の知らぬところで、思わぬ成長をしているものですねー
空手の先生は、やんちゃな、子供がそのまま大きくなっただけのような人でしたが、子供にとってはとても親しみのある【兄貴】のような方だったようです。
1年ほど前に亡くなられたと、聞いたのですが残念でなりません。

初めての海外駐在のときに
すっかり「アメリカンカントリー」に取りつかれ、
いろいろなものを買いあさりました(^_^;)
今では、もっとシックなものが好きなのですが
そのころの影がぬぐい去れませんねー・・・

みおんさんへ

私もすっかりネットから遠ざかっていました。
ムスコちゃんも、泣かずに登園できたようでなによりです。
お返事おそくなってすみません。

引越しして1カ月半、やっとこさ【自分の家】と感じるようになってきました。
なんだかそれまでは仮住まいのようでねー
落ち着きませんでしたけどww

落ちついてみると、出てきていないお皿が何枚か・・・・
いったいどこの箱に紛れ込んで、どこに押し込まれているんやろう・・・・
最後の戦場、納屋をもう一度片付けないといけません(^_^;)

wankoさんへ

お見舞いの書き込み頂いてましたのに
お返事が大変遅くなってすみませんでした。

カイはすっかり元気になりました。
手術は無事済んだのに、病院のケージに入れられているのが不安で
あんなに【ハァーハァー】と息が荒くなるとは思いませんでした。
よっぽど不安だったんでしょうね・・・
すっかり【甘えた】になってしまい、まとわりつかれていますww

ぽんすけさんへ

お返事おそくなってすみませんでした。

ウフフ♪そうだね~ルフィみたいですね^^
私は、シャンクスの傷のほうがすきですけどww

空手の先生は、多分ワカが【男】として惚れた
一番最初の方ではないかなーと思いますww
惜しくも、もう亡くなられたのですけどね・・・
いい想い出を残してくださって、感謝しています。


eryさんへ

お返事遅くなってすみません。

かんかんちゃん、手術にならなくてよかったねー
乳幼児の一番怖い病気が、腸重積だもんね。
傷はやっぱり、かわいそうです。

カイはすっかり元気になりましたけど
どうも甘えん坊になってしまい、半泣きの目で見つめるので
放ってお出かけがしにくくなりましたww


No title

ワカさま、さすがやねえ~(^.^)ブラックジャックとはw
傷は男の勲章かあ~。
その先生もすごいですね。

カイ君もきっと元気が出たに違いない!
よい表情だもの。

↓カスピちゃんちのキッチン、赤がきいててかわいいですね~。
アメリカーンなのですねw
クラシックなインテリアなのかな?と思っていたので、意外でした~。

No title

ネットから遠ざかっていた間に
カイは大変だったんだねぇ~
でも、がんばったね~えらいねぇ~
新カスピ家も素敵に整いつつあるようですね♪
カイも元気になって家も落ち着いてきたら
やっと、新居を心から楽しめるかもね~
私もまだまだ片付かない家ですからぁ~
もう1年過ぎたのにね(^_^;)

順調な回復

知らない間に、カイ君えらい目に遭ってたんやねぇ。
でも、手術も上手くいって、順調な回復、ちょっと安心しました。
まだ9歳になったばかり、若いなぁ~。
うちのニコは14歳、足腰が弱って、それでも毎日散歩に行ってるからまだましですが、おしっこが近くなって、部屋の中にやっちゃうことがあります。
今日は2回もやっちゃいました。
犬って、1年に6歳も年をとる、2ヶ月で一才老けてゆくのかと、最近しみじみ思います。
カイ君、傷が大きいけれど、耳で隠れて、そのうちに毛も生えてくると目立たなくなると思うけど。
息子さんが、「手術したって」と言ってくれて良かったねぇ。
遅くなればなるほど大変な事になっていたかも知れないもんねぇ。
カイ君、今更ですがお大事にね。
カスピちゃん、看護疲れが出ませんように。
新居、とっても素敵です。

No title

カイくん、まだちょっと眠そうな顔ですね。
でも、またすぐ元気になりますよ。
ワカさまの励ましや、師匠の看護がありますからね。
ワタシもワンピースのルフィみたいな傷だなあ、と思ってました。
オランダの空手の先生、いい先生ですね。
その教えを受け止めて、自分の物にされてるワカさまは、
いい若者ですね~。
そんな息子が欲しいですわ。(笑)

頑張ったね!

カイくん、頑張ったんですね~

パパの両親が来てたのでちょこっと覗いたら
(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!でした。
ワカ様の言葉、空手の先生の言葉で
(T_T)しちゃいました。
パパも盲腸で切りましたが5,6cmくらいでしたけど
かんかんが腸重積になった時はもしかして手術・・・
と思ったんですが8時間以内に高圧浣腸してもとに
戻したので手術せずに済んだのですが・・・
高圧浣腸の時の「ママ~(T_T)」と泣き叫ぶ声が
今でも耳に残ってます。

カイくん、もうちょっと頑張り~抜糸するまで!
今は暑いから夕方に散歩かなぁ~
く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!
プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。