スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物まで・・・

今日は、火曜日の月初めの弓道教室。

先週は近的選手権だったので
今日が、11月の初めての教室。

月初めには、毎回テーマを決めて
普段の教室ではできない練習をします。

今日のお題は

【持的坐射礼(もちまとざしゃれい)】

射礼とは、祭祀や式典の場所において
礼法に従って射を行うもの・・・・らしい。(教本よりww)

まあ、ただ的を射抜くというより
そのすべての体運びを見せる、という意味合いが強いのかな。
その中の1つである【持的】というのを勉強しました。

5人で入場し、5つの的がある。
自分の的を【受け持って】射礼を行うので、持的。

和服着用で、他の人たちと、決められた動きをシンクロさせながら
射を行っていきます。

そりゃ~先生方が見せてくださると
【歌舞伎】などの舞台を見ているようで
ほんとに美しい

前の方が射の後、向きを変えるのと
次の射手が立ちあがるのが同時で、
2人同時に足を閉じたりする・・・・

その練習に、着物を着て、初めて挑戦しました。

道場に入場した後、男性は肌脱ぎ
左肩を着物から出されます。
女性はたすき掛けをするのですが、
そのとき弓と矢は、自分の膝の上に置いておくんですね~

で、的前で自分の順番を【キザ】という
爪立ったまま座っている姿勢を保ちます。

もう、足はプルプル・・・・・
爪立ててる足が、ペタンって正坐になってしまいそうになるし
順番が来ても、うまく立ちあがれないし

ほんと、先生方の足腰の強さには感服です

この射の方法は、五段の上【練士】という称号審査で
用いられるそうです。

まだまだだけど、いつかはその場に立てるように

今日はとってもいい経験をさせていただきました。



弓だけじゃなく、着物も買っちゃってます

私たちの世代、嫁入りのときに着物をそろえてもらっているのですが
正絹の着物を練習で着るのははやりもったいない。

ポリエステル100%の丸洗いできる着物です。
薄いグレー地に、ナデシコ?のような花。

1800円也

嫁入り着物も、箪笥の肥やしにしておくなら
汚れても着てやったほうが、いいのかもね~・・・

【馬子にも衣装やな~】とブログに書け!と言われましたので
仰せの通り書いておきます



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。