スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩めるお年頃・・・



最近、弓は不調です・・・


自分では、同じように引いているつもりなのですが
どうも、どんどん小さく納まってきているらしい。。。。

私は【離れ】という、弦を離す動作が
とてもきれいだとずっと褒められてきました。
大きく、大胆に離している・・・と。

ところが、最近はそれがなくなってきているそうです。
小さな離れになって、大胆さがない。
最後に弓の中にカラダが入るほど
伸びきれていない・・・


うーーーーん、、、、自分では同じようにしているつもりなので
どこがどう悪いのか、いまいちわからない
そして、多分、すべての動作は連動しているので
1つ崩れると、それに引きずられて
全部が少しずつ狂っているんだと思う。

右腕の張りがなくなっているのは、自覚している。

張りがないから、思いっきりのいい離れが出ない・・・?
でも、どうしたら張りが保てるんだろう。

もともと、右腕はよくできているから、左を修正している間に
右側が不出来になってきた。

まるで、国語は得意だからと、数学に力を入れている間に
肝心の国語の成績が落ちてきたみたいにww

  

火曜日のクラスのときに、先輩のK嶋さんが
「右肘を意識してる?
右ひじで引いている、、という風に見えないよ」
とアドバイスくださいました。

・・・・確かに、肘のことはまったく頭になかったかも・・・

で、金曜日のクラスでは、
右ひじで引く!というのを意識して練習。

ところが、右ひじを意識しているのに
右腕をうまく張れない・・・

悩みを引きずったまま、今日、巻き藁の前で練習していると
久しぶりに道場に来ておられた
I先生が、
「右の肩が、引き分けに入る時
極端に下がっていますよ。」と見てくださいました。

後ろから、手を添えてくださって
「この位置で、肘をさげないように肩をいれたまんまで
横に開きましょう」と補正してくださいました。

スッパーンと、自分でも気持ちいい
離れ方をしました

そっかー肩かぁー

そのあと、的前でも2本見てくださって
2本ともスパーンといういい離れで
見事的中

ありがとうございますI先生
久しぶりに、気持ちのいい射ができました

あとは、これを自分一人でも
この方向に引けるようにしないと。。。。

多分、ほんの1~2cmのことなんです。
でも、そこで1~2cm狂うことが
その後のすべてをおかしくしてしまう。

練習していても、カラダはやっぱり
楽な方へ、楽な方へとずれていきます。

うまく引けているときは、中りもよく出て
傍目にも、綺麗な射ができています。
で、ちょっと中りが続くと、的にとらわれて
「中てよう、中てよう」という意識を持ち
どんどん射形が小さくなっていくようです。

「的は捨てろ!」とは、今一番A先生に言われていること。

まずは、大胆な射を心がけ
初心に帰り、無心に弓を引くことに専念します。




かあちゃん、ダメダメだね~



だねー・・・・

「前の方が、大胆ないい射をしてた」なんて言われると
練習してるのに、前進してない自分に
情けなくなるねー・・・





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。