スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安土開き♪

先日無事完成した安土

その【安土開き】の式が行われました。

ビデオ&カメラ持参で
撮影隊を買って出ました




いや~~~ん
綺麗になってよかったね



【蟇目(ひきめ)の儀式】
というのが行われました。

通常、蟇目の儀式には2種類あり
【誕生蟇目】と【屋越の蟇目】です。
屋越の蟇目は、病魔退散のために行われ
以前春日大社の神事で
お手伝いしたことがあります。

今日は、新しい安土のお誕生日ということで
【誕生の蟇目】をなぞって行われました。



懐胎5カ月目の15日に帯のお祝いをしますが、
そのときに胎児の健康な成長を祈って
行われたそうです。

一番上の写真、安土の前に畳を裏返しにして立てて
そこに折紙とともに白地の扇を開いておきます。



畳の裏や、天井裏に、魔障が巣くうといわれ
それを祓うんだとww



鏑矢(かぶらや)といって、矢の先に木をくりぬいて作った
玉のようなものがついています。
風を切って、ヒュ~~~~ンという音を出します。
この音で、魔障を追っ払うわけです。



扇を立てますが、これに中ててはいけません。
そのすぐそばに打ち込んで、厄払いし、
この白扇は、生まれてくる赤ちゃんのお守りとなるそうです。

いや~~~いいものが見れました

厳粛な、とてもいい式でした。
改めて、道場の完成を心から嬉しく思いました。

もう、たぶん、私が生きている間には
今回のような本格的な安土の改修は
行われないでしょうから。

先生方、お疲れ様でした


  


続いて、【矢渡しの儀】が行われました。

安土工事の現場監督だった、
K村先生が射手を務められました。



ウフフ~~
介添えは、ひいらぎ先輩とフデコ先輩。

初の御勤めが、大舞台でのお仕事で
大緊張のお2人。
カメラを覗く私まで、ドキドキしました



的は掛けずに、安土にそのまま矢を打ち込みました。
さすが、K村先生。
的があったら、ちゃんと2本中っていただろうな~と
いうところに入りました





  

この後、順番に私たちも引くことになりました。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

えーーーーーーーー・・・・

ピッカピカになった道場の床板に
最初に傷をつけたのは



です


ごめんなさい


こともあろうか、矢を暴発させてしまい
足元にまともに打ち込みました。


ショック・・・・・

こんなこと、ド初心者のときですら
やったことなかったのに・・・・

みなさんに
「さすが、カスピちゃん
やることが大胆やわぁ~~~」と
慰めていただきました


ほんんんんっとすみません
また、1から、顔洗って修行しなおしますっっっっ


。・°°・(>_<)・°°・。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。