スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やめといたら、よかった・・・

今日は、弓道ネタです

弓道には、実にたくさんの「お道具」があります。
そのお手入れも、自分でしなきゃいけない。

今日は、ずーっと悩んでいた握り皮を
えいやぁ!!と換えてみました。

  



【握り】とは、その名の通り
左手で弓を握るところです。

弓は、まっすぐな棒なので
握りのところには、自分の手に合うように
土台を入れて形作り、
上から専用の皮を巻きます。

自分の弓を買ってから、コレも初めて自分で巻いたのですが
どうも、ちょっと細い・・・

私は体格の割には、手が小さいので
弓は一番細いものを選びました。

手前に高く土台を作って
使っていたのですが、
道場でみんなの弓が並んでいると
明らかに私の握りの幅が
格段に細い。

いまいち、うまく弓を押せてないのか
グラグラする気がする。
弓を押せ、といわれている手の筋(天紋筋)に
どうもうまく固定できてないようなので
只今、【中り】としては絶好調なのですが
思い切って、握りをやり直すことにしました。



古い握り皮をめくって、土台を解体。
左の白いゴムが手前に
黒いゴムが向こう側に
そして、白いゴムの下に
葉書を切ったボードを入れていました。

幅がもう少し欲しいので
今回は弓本体に、葉書をまきつけて
太さを出すようにしました。



うまくカーブに合うように
葉書に細かく折り線を入れておく・・・



葉書を巻いたので、今まで入れていた葉書の土台は
枚数を減らして低くして
そのまま配置しました。

握り皮を3cm幅くらいに切って
仮巻きして、余分な分を切り取り
今度はボンドをつけて
きっちりと巻きとめました。



出来たぁぁ

今度はかわいいピンクのサクラ柄

実は、前回もこんなのを巻きたかったのに
失敗してしまい
予備に買っていた、あの地味な柄になってたのだ・・・

握り皮を換えたかった理由はもう一つ。



今までのは左。

印伝と呼ばれる、ポツポツと漆で立体的な模様が入っています。
きっちりと握れていいのですが
夏は手に汗をかくので
弓が手の中で全然回らないんです

構えてから、スルスルと弓を手の中で
動かして、押せるポイントに持っていくのですが
このときに動かない・・・

で、右のに換えました。



自分の弓の印に
サクラのマークを入れてるし~



弓巻もサクラ模様だし~~

よっしゃ~~~
ルンルン気分で今日ハリきって、練習で使ってみると・・・・


やめといたら、よかった・・・





あんなに太さを確かめて、
きれいに皮も巻いたのになぁー・・・・

実際、矢を番えて引いてみると
全然手に合わない・・・・・・

まだまだです・・・・・


  



先輩方に、いろいろとアドバイスを頂きました。

教室から帰って来て
さっそくひっぺはがし
土台を作りなおし、
同じ皮を貼り直してみました。

ううううううう・・・・

明日は道場は休みかぁー。
木曜日、試し引きに行ってきますっっっ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。