スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外駐在妻物語 44


自然の厳しさ。

今日は真夏日になるらしい。
朝から照りつける太陽は、やる気満々だ。

私が、海外生活2年目を過ごしたエドモントンの
冬の厳しさは、以前に書いた。
(海外駐在妻物語35・36を参照)

しかし、厳しいのは冬だけではない。
日本でも、豪雪地帯の方々や
台風銀座の沖縄方面の方々は
それらに対する知識をきちんとお持ちだろうが、
大阪育ちの都会っ子の私には
自然に対する、自分のひ弱さと無知を
ひしひしと感じさせられるところだった。

*****

夏の、一番の怖いものは、竜巻だ。
竜巻・・・なんて言葉では想像できないサイズ、
トルネードが発生する。

街を襲って、家々を破壊するほどのトルネードは稀だが、
「どこどこでトルネードが発生した」という
Warning(警報)は、しょっちゅう耳にした。

エドモントンでも、その数年前に、
大きなトルネードが街を直撃し、
トレーラーハウス村を壊滅させて
多数の死傷者を出していた。
仲のよかったチャーリーも、
「買って2日目だった新車が、降り注ぐこぶし大の雹にさらされて
ボッコボコになった」などと語っていた。

これは、私自身のトロントでの経験だが、、
夫とゴルフをしていて、
いきなり冷たい突風が吹き始めた。
空はみるみるうちにドンヨリと黒くなり、
サンダーストーム、雷雨がやってくる気配が漂った。

でも、私たちのパーティーは、
「大丈夫かな~?こっちに来るかな~?」などと言いながら
のんきにプレーを続けていた。
クラブハウスから一番離れた
高台から打ち下ろしのコースのティーグラウンドに立った時
全員の目が点になった。

「Oh,My God・・・・・!!!!」

正面の空は、不気味なピンク色になり、
その真ん中にある真っ黒な雲の塊からは
バリバリと稲光が四方八方の伸び
ゆっくりとツイストしていた。
そして、その裾の部分が
三角にとがって、地表向かって伸びはじめていた。

一緒にコースを回っていたカナダ人が
「トルネードだ!やばい!!
クラブハウスにすぐ戻ったほうがいい!!」
と叫び、バッグを担いで、走り出した。
夫と私も、一緒に走った。
背中からは、ものすごい冷気の突風が
ときおり、フワっと体を浮かせるほどの勢いで
吹き付けてくる。
前を走るカナダ人は、
「木の間を抜けた方がいい!!」と指示し
コース間にある林の間を抜けて行った。

目の前に、クラブハウスが見えた。
ドアを開けて、中の人が
「急げ!急げっっ!!」と叫んでいる。
ドアに駆け込んだ瞬間、ものすごい突風とともに
ゴルフボール大の雹が、
前が見えなくなるほどの土砂降りとともに
降ってきた。

・・・・・間一髪・・・・・

トロントで、学習した私は
まず、竜巻発生の警報を聞いたら
家の地下室に避難する。

家にいれば、地下室にこもればいいのだが、
クルマに乗ってたら、どうすればいいんだろう?

カナダ人の友人は
「まず、トルネードの進行方向とは逆にぐんぐん走って
 できれば、大きなショッピングモールを見つけ
 クルマを降りて、その中に避難すること。」
と教えてくれた・・・

トルネードの進行方向?
そんなの、どうやって分かるさ?

そう尋ねると、「そんなものも、わからんのか?」という
あきれ顔をし、空の雲と、地表に伸びている
しっぽ部分との位置で
判断するのだと言った。

で、ここからは、記憶が定かではないので
この情報をあてにしないでほしい。

トルネードは、反時計巻きに回っている。
だから、向かって右側(左?)に動いていく。
だから、カスピ、
もし、高速道路上でトルネードと正面から出くわしたら
ハンドルを左(右?)に切って
巻き込まれないようにするんだよ・・・

高速道路で、トルネードとがっぷり四つなどになりたくない。
でも、道路上は、巻き上げるものがないので
トルネードにとっても進みやすいらしく
街から離れた高速道路では、よく出会うそうだ・・・。

実際、我が夫は、自分は上り車線を走っているときに
下り車線を行くトルネードと遭遇したことがあるらしい。

しかし、人間、ゲンキンなもんで
その時は命にかかわる重要な知識だったので
ちゃんと覚えていたのだけど、
20年近く経ち、それを使うことがなかったら
ハンドルを右に切るのか、左に切るのか
もう記憶があいまいになってしまっている・・・

もし、またエドモントンに暮らすことがあったら
私は、また1から、トルネードに対するサバイバル方法を
勉強しないといけないな。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。