スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中りを手に入れる。

え~~弓道ネタが続きます
興味のない方、すみません

最近、弓道ドップリの日々を過ごしてます。
鏡やガラスの前に立つと
弓を引き分ける動作をしてたりする・・・
まるで、駅のホームで
雨傘をゴルフクラブに見立てて振り回す
おっさんのようです

  

はじめての審査も無事終わり、
1級を頂きました。

私は、体配は褒めていただけることが多いのですが
中り(あたり)がよくない・・・
今しばらくはいいとしても
やっぱり、中らないと話にならんわけです。

で、審査前は、先生方は、体配に関する改善点を
いろいろとアドバイスくださったのですが
中りに関しては、何もおっしゃいませんでした。
1級は、きれいに弓を引く、、、ということが重要で、
中らなくてもいいので。

で、晴れて1級も頂いたので
昨日の火曜日教室で
F川先生が「中りを手に入れる練習をしましょう」と
見てくださいました。

どうも私の矢は、弓を押し方がまずいため
ひずんで引いているようです。
そのため、放ったとき、グイ~~ンと酔っぱらったような
飛び方をすることが多い。
(これを、【矢に色がつく】といいます)

まずは、左手の押しの角度を訂正されました。
そして、左肩の角度、肘の向き、顔の向きにも
注意するようにと、アドバイスをいただきました。

そして、矢だけを持って、的前に立って
ちゃんと的を狙っているか、チェック。

後ろから見てもらうと、
これは間違いなく矢先を
的の方向に向けれているようです。

あとは、弓を持って、的を弓のどの角に狙うか、、、
上下の高さの調節、、、

先生に教えてもらったことを念頭において
練習しました。
かなり的の近くに矢が集まってきました。

でも、左手を意識すると
右手がおろそかになっちゃうんだよね~

しばらくは、中りにこだわって練習したいと思います。








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。