スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなの、作っちゃいました♪



これ、な~んだ



ウフフ
今までは、買ったときに入っていたお店のビニール袋に入れて
教室に持って行ってたんですが、
専用の袋を作ってみました



 棒矢入れ 

まだ、打たしてもらってませんが
気合だけは、入っていますっっっ

先週は大雪のため、お休みしましたが
一昨日は行ってきましたよ~
いよいよ、弓を引くための【かけ(手袋)】をつけて
ホンモノの弓を引く練習をしています。

和弓は、弦を放した後
その弦が右側を弧を描くように回って
左手の中で弓が、クルンと回らなくてはならないそうです。
射終わった後は、弓が横向きから反対向きになる。
(アーチェリーはそのまま)
でないと、矢はまっすぐには飛ばない。

一気に放す、というのも難しいのだけど
本当にタイヘンなのは、持ってるだけと思われる
左手なのだそうな。
この左手の動きを【手の内】というらしい。
そうそう、【手の内を明かす】とかいうやつですねww

やろうとして、無理に弓を左手の中で回すのではなく、
自然の動きで、そうならないといけないらしい。
でないと、まっすぐ飛ばないだけでなく
放した弦に、頬をはたかれたり
めがねを飛ばされたりするそうな・・・・

うーーーーーん・・・出来るかなー・・・

ワタシは以前、ゴルフを教えてもらった人に
【キミはサルウデやなぁ】と
言われたことがあります。
サルウデとは、腕を手のひらを上にしてまっすぐ前に伸ばします。
そのとき、ひじの内側も上を向いていますよね??
その、ひじの向き(関節)を動かさずに
手首を返して、手の甲を上に向けることが出来る腕を言うそうです。

で、その方曰く、
【弓をする人は、サルウデになるように練習するんや】と。

・・・・・・どこら辺に、サルウデが必要になるのかは
いまだ見えていませんが、
この辺りに【サル力】を発揮するのでしょうか・・・・



あ~~~~早く打ちたいなぁ~~~

私と同じ色の矢を持つ男子高校生・トダくん。
なぜだか、よく私に話しかけてくるww
【弓が手の中で回らないんですよねー】と
練習を見さされた(笑)
褒めて育てよ!ということで
おかんとしては、【いいよいいよ~~出来てるよ~~
今は半分しか(弦を)引かしてもらってないから
ソレくらい出来たら、充分だよ~~上手いよ~~】とおだてるww

【カスピさんは、靴下2枚履きですか?】とか
いきなり聞いてくる、結構面白いヤツですww

当ったり前やないかぁ~~
遠赤外線2枚履き
しかも、下のソックスはひざ上までのニーソックスやぞぉ~~

弓道教室、若いお友達もできて
楽しくなってきました



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。