スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外駐在妻物語 30


カナダの消費税

1989年、夫の海外駐在に同行してカナダに渡った私は、
この国で初めて【消費税】なるものに出会った。
多分、日本でも、この年に3%の消費税が始まったはずだが、
消費税が導入されたのも、元号が【平成】になったのも
私がカナダに移ってからだ。

当時のカナダ・オンタリオ州の消費税は、たしか13%だったと思う。
オンタリオ州は国税として6%、州税として7%を徴収していた。

(記憶違いがあるかもしれません。
そして、これらは1989年の話ですので、
今は変更になっていることもあると思いますので、
あしからずご了承ください。)


もちろん、州によって州税率は違う。
私がこの後移り住んだ、エドモントンのあるアルバータ州は、
州がお金持ちなので、国税として6%を支払うだけで、
州税はなかった。
バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州は5%だったか・・・?。
フランス語圏のケベック州は、州税は7%と同じだったが、
まず買い物合計に6%の国税をプラスして、
その合計に7%の州税を課税し徴収ていた。
税金に税金をかけるのだ。なんていう州だろう・・・。

*****

合計13%の消費税、1万円の買い物をすると、
1,300円の税金を支払うわけだが、
不思議と大変だったという記憶は、薄い。
もちろん、クルマなどの高額の買い物をすると
消費税にビックリするような金額を支払うのだが、
日々の生活ではさほど苦痛は感じなかった。
その理由は、
食料品は非課税だからだ。

これがよく出来ている。
例えば、牛乳やオレンジジュースは非課税だが、コカコーラは課税される。
じゃがいもはもちろん非課税だが、ポテトチップスは課税対象だ。
食べ物でも、からだに必要な食品は非課税、
だが、おやつ類などの嗜好品は課税されるのだ。

子供服も、国税は非課税だった。
州税の7%のみ、課税されるのだが、たしか冬の防寒具は
州税も非課税だったように思う。
カナダの冬はとても厳しい。
子供の防寒具、ダウンのジャケットやスノーブーツ、
ミトン、帽子などは必需品だし、成長に合わせて
毎年買い替えを余儀なくされるので、子供服の非課税は
消費者にはありがたい。

大人用の防寒具は13%課税される。
小柄な日本人の中には子供服を購入しておられた方もいらっしゃるので
安上がりだ、と笑っておられた。

勉強に必要な書籍・文房具の類も非課税だった。

このように、どうしても必要なものには課税しない・・・というのが
どうやら国の方針らしい。
だから、日々の買い物では、課税されるものがそんなにないので、
13%の消費税を重圧に感じることは少ないのだ。

カナダの消費税で、忘れられないことがある。
ドーナツ問題だ。
ある日、私はドーナツショップにドーナツを買いに行った。
私の大好きな、Tim Horton(ティムホートン)というドーナツショップ
カナダの有名なホッケー選手が開いたチェーン店。

カウンターでお持ち帰りで5つのドーナツをオーダーした私に
お店のおねえちゃんが【6つ買え!】と勧める。
【なんで?!】と尋ねると、おねえちゃんの説明は
非常に興味深いものだった。
いわく、ドーナツ5つはお菓子とみなされて消費税が課税されるが
ドーナツ6つは食料とみなされ、非課税となる。
よって、5つ+税金より、6つ買うほうが安い、というのだ。

!?!?!?
おもしろい!!!

Tシャツ1枚は、10ドルでも売っている。
でも、好みで100ドルのものが欲しい人は
13ドルのTAXを支払って手に入れればいいのだ。
高級品を望むなら、それ相応のTAXを支払わなくてはならない。
だけど、食料品のような必需品は非課税とする。
すごく合理的で、当たり前のことだと感じた。

日本も来年からは消費税が7%に引き上げられるようだが、
ぜひ、カナダのように、生活必需品や教育関係は
無税にしてもらいたいと思う。

*****



メールフォームより、【海外駐在妻物語ファン】の方から
メールを頂きました。
楽しみにしているので、もうちょっと頻繁に連載してください・・・とのこと。
楽しみに待っていてくださるのに
申し訳ありません
もうちょっと、がんばって、記事を書くようにします。
応援ありがとうございます










コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。