スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前へ。

このことをブログに書こうかどうしようか・・・

ずっと、悩んできて、なかなか更新することができませんでした。



現在私は、療養生活を送っています。

3月初めに受けた定期健診で思わぬ病気が見つかりました。

自覚症状は、全くなかった。

まさに青天の霹靂・・・
病名を告げられたときは、目の前が真っ暗になりました。

トノが、
「誰かのデータと間違われてるのとちゃうんか?!」と言ったように
自分でも、どこかで他人ごとのように感じてましたし、
健診センターの医師が、迅速に県下の病院の専門医に繋いでくださったので
ショックを受け止める間もなく
コトが進みだしたのは、幸いでした。

専門医から、詳しい病状を聞き、
難しい病気だけど、特効薬があり
完治しなくても、症状を抑えて悪化を防ぎ
普通に生活することができる、、、
・・・という話を聞いて少し安心しました。

ただ、その薬はとても強いものなので
人によっては、副作用が出て、体調を崩すこともある。

クスリが体に馴染み、うまく症状をコントロールできたことを
確認するまでは、激しい動きは避け、
出来る限り安静にしてください、、との言いつけを守り
弓道をお休みしています。

この、私が、弓道をお休みしています。


祈りながら、ビビリながら
最初のクスリを飲み、2週間。

日によっては、手足が冷たく、アタマが重く
だるい日もありますが、
おおむね大した副作用もなく過ごしています。

弓を引かない以外は、カイと散歩にも行くし、
掃除も洗濯も買い物も料理もこなす。

そして昨日が、診察日でしたが、
示された数値は、劇的に改善されてました。

まずは、出だし良好。

これからが、ちょいとしんどいですが、
たった2週間で、これほどの成果が出て
今のところ副作用もないので、
病気に向き合う勇気と自信を得ました。

あわてずしっかり治るまで、がんばります。




病気って、、、「気を病む」とはよく言ったものだなーと思う。

ちょっとした言葉が引っかかる。

相手は、深い意味もなく言ったことに
「どういう意味やねん!?」とカチンとくる。


1304-03-04.jpg


私の突然の病気にビックリしたトノが
トノ母さまとトノ姉さまに報告し、
その勢いのまま、全員が状況を悪いほうへ悪いほうへと想定し
準備し始める。

本人はお医者さんの話を、希望にすがるように
いいほうへいいほうへと解釈するのとは対照的に
周りの人間は、心配するばかりに最悪を考えて
動き出す。

もしかしたら、クスリでひどい副作用が出るかも・・・
もしかしたら、クスリが効かないかも・・・
万が一、入院することになったら・・・

で、「いざというとき、手伝いに行くから
   それに備えて、予行演習に行く」となった。

万が一なんて、考えたくなかった。

「いざ」というときって、どういうときやねん?!

みんながいう「いざ」というとき、
私はどうなってるねん?!

ずっと不安をこらえていたけど
泣いた。

1304-03-05.jpg


しばらく、弓道とはお別れだな、、、と練習に出向いた日、
案内板には、「総合選手権大会」の申込書が貼り出されていた。

総合選手権は、国体強化選手の選考の試合だ。

去年、父の介護のために、この選考を辞退した私は
今年こそは!と、頑張ってきた。

今年の国体強化チームに復帰することを目標に
1年間練習を頑張ってきた。

「もしかしたら、試合くらいには出れるか・・・?」

国体は今年だけじゃないことくらい、わかってる。

アタマではムリとはわかってても
心はあきらめきれない。

まだ、治療が始まっていなかったし、
何が起こるかわからないじゃない!?

悔しかった。

意気揚々と参加の欄に名前を書けない自分の身を呪った。

あの時期に、健診を受けなかったら
自分の病気に気づかず、ここに名前を書いていたはずだ。

健診さえ受けなかったら、今年の国体への夢を
今も見続けていられたのに・・・

早期に病気が見つかったことに感謝している。
でも、この1年の練習の成果は、自分で試したかったんだ!


だから、人にその思いを託せない。

「私の分もがんばって」なんて、言えない。


ああ、こうして、私は外されていくんだな、、、と思った。

食べようかどうしようかと悩んでいる間に
目の前のお皿をさっと片付けられるように。

「座らないなら、この椅子借りるね」と、私の席を目の前でなくされる。

そして、なにより、こういう風に卑屈に考えてしまう自分のことが
一番イヤだ。

1304-03-06.jpg

クスリでコントロールできるようになったら、
道場に帰る。

私は病気と仲良く付き合いながら、弓を引くことになる。

そのうち、私の病気は周知のこととなる。
良くも悪くも好奇の目にさらされる。

ちっぽけなことをいちいち気にしてちゃ、やってけない。

失敗したときに限って、
調子の悪いときに限って、
声をかけてくる人がいる。

「どうしたん?調子悪いの?」

優しさを装って、弱っている人に切り付けてくる。


そして、、

きっと、自分が病気じゃなかったら、
悪気もなく、私も他人に同じことをしちゃうだろうな、、、と思う。

去年亡くなった父に、
私も残酷な態度を取っていたなーと反省した。

あまり深く考えず、軽い冗談のつもりで
心ない言葉を友人にかけたこともある。

きっと私は、病気を得ることで
学ばなくてはいけないことがあったんだろと、思う。

1304-03-03.jpg

1304-06-01.jpg

今年はもう会えないと諦めていた
道場の満開のサクラの写真を送ってくれた。

Kちゃん、ありがとう。


「花見にいこう!」と誘い出してくれる友人がいる。

「カスピちゃんの帰りを、最前線で待っている」と
メールをくれた友人がいる。

ブログに書いたことで、
今まで知らなかった人も
私の病に気づくことになるやろう。

でも、そんなちっぽけなことは
もう気にしない。

病を克服して、一回り成長して、
みんなのもとに帰る。

ただいま!!と笑顔で帰れる日を楽しみに
今やるべきことをやります。

みんな、オラに力を。



コメントの投稿

非公開コメント

応援中

がんばれ~ 遠くから応援中。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

先日のメールはホント嬉しかった。
Cotton Flowerのカスピちゃんの席はちゃんと空けて待ってるからね。v-22

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。