スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惨敗の反省。

昨日、県の女子弓道大会が行われました。

この大会、同じメンバーで挑戦始めて早や4回目となりました。

去年は念願の団体3位を射止めたのですが、今年は惨敗。

うーーーーん、、、この大会、自分の中でとても苦手である。

******

結果は、〇〇×× ××××の最近稀にみる皆抜けで8射2中。

自分の中で、「こんな日もあるさっ」となかったことにしてしまう
こともできるのだけど、これはきちんと反省しておかないと
来年につながらないと思うので整理しておきたい。

つまらない独り言です。
ただ、文章にして整理していきたいので
ここに今年の記録として、記しておきます。

******

私自身として、この大会の「目標」がうまく設定されていないのが
敗因の1番目だと思う。

私は早気を患っているのだけど、その発端となったのが
この大会だ。

2009年の初参加の時、火曜日クラスの先輩たちと組んで
大前を任された。
ブログを読み返してみると、1本目だけ入れている。
T村先生からは、弓手が落ちていると指導を受け、
午後の立ちはそれだけ意識したとある。

翌年の2010年には、早気になっている。

この年の女子大会を前にして、中りがついてきたことと一緒に
早くなってきたことを自覚している。

試合前にF先生から、「カスピちゃん、最近早くなってきてるで」と
言われてことを覚えてる。
それと同時に、
「まあ、試合前やから、そのリズムで中りがあるなら
余計なことは言いたくないけど・・・」と。

大前でチームを引っ張らないといけないと思ってたし、
自分がチームのポイントゲッターだとも思ってたし、
中るなら、ちょっとくらい早くてもいいやん!と
「うるさいな~」と思ったことをよく覚えている。

でも、結局試合では、気ばかりあせり、早くなるわ、抜くわで
パニックになってしまったのだ。

これがきっかけで、試合でどうしようもなく舞い上がってしまう、
いつもより早くなって外してしまう、
しまいには、普段から緊張して早くなる・・・

そう、ここから早気との長い戦いが始まったのだ。

昨年の試合も、やっぱりパニックになっている。

試合後にT村先生に
「次に四段になるわな、で、五段にもなるやろう。
 で、「自分はそれくらいでいい」と思っているなら
 もうオレはなにも言わんけど、まだまだ上を目指して頑張ろうと
 思っているなら、ここらでしっかり考え直さな、先はしれてるで」

その後、射形を変えたり、いろいろ取り組んで
なんとか最近は、会も持てるようになり
試合でも結果が出るようになった。

と、周りからいろいろプレッシャーもかけられるようになった。

******

話は飛ぶが、私は中性脳の持ち主らしい。

昔流行った「地図を読めない女と話を聞かない男」(だったか?)の本や、
先日友人のUEPYさんのブログに紹介されてた

男脳女脳診断

なんていうのをすると、みごとに真ん中なのだ。

だからか、試合前に男の人からかけられるタイプの「プレッシャー」には
結構平気で対応できるのだけど、
女性からかけられる言葉にはめっぽう弱い。

「えーーーーそんな風に思ってるんだ!!」って思うことが多々。

そんなこと、考えたこともなかった・・・ということを
よく女性同士の会話の中に思う。

だから、、、というわけじゃないが
女ばかり集まるこの大会は、その雰囲気だけで苦手意識が先に立つ。

そして、私自身、その中できちんと自分の射をする、というのを
「第一の目標」としているところがあり、
他の試合とは取りくみ方が違うように感じる。

毎年同じメンバーで組んでいるがゆえに
大前としてチームを引っ張らないといけない、とか
自分がチームの中りを引っ張らないといけない、とか
チームを基本に考えているばかりに
自分の射を忘れてしまう。

それと、この大会は、個人では8射5中以上で決勝進出し、
そこから射詰で決勝戦を行う。
8中してても、5中してても、個人の決勝としては一緒なのだ。

だから、心のどこかで5中を目標にしていることがある。

前半の立ちで2中したら、「午後は3中しなくっちゃなー」という風に
すぐに逆算してしまう。

これが、またいけない。

他の試合でも、緊張したり高ぶったり楽しみだったり不安だったりするのだけど
この女子大会に関しては、、、なんだろう、、、
結果を出さないといけないと思いすぎているんだろうか・・・
「億劫」なのだ。

欠点を取ることをわかっている試験に臨む朝のような気分。

やる前から気持ちで負けている。

勝機がどこにも見当たらない。

万が一・・・とか、もしかしたら・・・とかいう光が全く見えない。



まず、他の試合となにも違わない、ときちんと頭を整理しないといけないな。

で、「3人で力を合わせて優勝する」という
女の子的な仲良しあいまい目標を
自分の中では、きちんと自分にあった目標設定に変えないといけないと思う。

それと、8射8中していくつもりで1本1本に取り組まないといけない。

今年は我が師匠のご意見番・T村先生が、女子大会に臨席されていなかった。
先生の前で、認めてもらえる射をしたい、という気で乗り込んだ私は
気が抜けてしまったのも事実。
でも、先生のいないところで、ビックリするような結果を残しておいてやろうと
欲を出したのも事実。

この大会に気持ちを入れすぎるのが敗因だけど
気合の入らない目標に設定しているのも敗因だと思う。


いつもあるのは自分と的との戦いのみ。

どんなときでも、的に向かって引くのはワクワクする。

その気持ちだけで、周りのことは一切気にせず、
的との戦いに負けない自分づくりに
また1から精進したいと思います。























コメントの投稿

非公開コメント

あきさんへ

*あきさんへ*

試合の前週、巻き藁練習で暴発し、
壁に竹の棒矢を打ち込み、木端微塵にしました。
・・・どうもそれから、どう引いていいのか
すっかりわからなくなっています・・・・

また1からやり直します^^
いつも応援ありがとね♪

あきさんも中性脳の持ち主と聞いて、納得しましたww
私は5ポイント、女子寄りです。


No title

試合、お疲れ様でした。
いろいろと考えだすとどんどん
深みにはまっていきますよね。
私も高校生の時に逆算してたな・・・と思い出しました。

男脳女脳診断、やってみました。
私も中性脳でしたがほんの少しだけ
男性脳が強かったです。
プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。