スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末はロハス。

今週末はロハスフェスタです。

もろもろ大変で、全然作品ができていません。(←いいわけ)
落ちついて、作品の構想をねって、試作品を作ってみて、、、という
心の余裕がまったくありませんでした。
気晴らしにはてっとり早く、道場に逃げちゃうし。。。

【カスピ堂】は開店休業状態でも、お天気はよさそうだし、
仲間は素敵な作品を仕上げています。

ピクニックがてら、どうぞ週末は大阪・万博公園に遊びにきてください。

■第16回 ロハスフェスタ■

日 時-4月28日(土)29日(日)9:30~16:30

場 所-大阪・万博公園 東の広場


私たち*Cotton Flower*のブースは94番です。

コットンフラワー4名+プチウールブラン+しましま★えんじぇるの
合計6人でがんばりまーす^^

120426_1548~01

とりあえず、カッパはつれていきます。




********

・・・ああ、また今朝の父からの電話にキレてしまった、、、

認知症の人のいうことは、否定しちゃいけないよ。
「へ~そうかー」と聞いてあげないと。

と、頭ではわかっていても、なかなか相手のいうことを
「ふむふむ」とは聞いてやれない。

今朝、電話をたたっ切ってから
ふと、高校時代のある先生を思い出した。




名前も思いだせなかったのだけど、
顔と、このエピソードは強烈に覚えている。

卒業アルバムをみたら、M尾先生だった。
(・・・そうかぁーM尾やったっけ?ってくらい覚えてなかった(^_^;)

数学のM尾先生に直接授業で習ったことはない。
カレは部活の顧問だった。

ある日のこと、私が先生と話していたとき

カスピ 「先生ぇ~聞ーいて~
     あのなぁー昨日学校の帰りになぁー
     ほら、学校の前の道をちょっと行ったとこにパン屋さんあるやん?
     あそこに行ってんやん♪」

※大阪の女子高生、親しい先生とはこんな感じの話し方なので、お許しくださいww

カスピ 「ほんなら、子犬!柴犬の子犬いててん!!
     4か月やねんて~もぉめっちゃかわいいねん♪」

M尾先生「へぇ~学校の帰りにお好み焼き屋によったんか」

カスピ 「もぉっ!ちゃうやん!パン屋さん!!
     学校の前に道をはいったとこに、
     メロンパンのおいしいパン屋さん、あるやん?」

M尾先生「メロン・・・果物屋さんの話か?」

カスピ 「もぉーーー!先生!!ちゃんと聞いて!!
     パン屋さんに子犬がおってん!
     めっちゃかわいいねんってば!」

M尾先生「先生もペンギンは好きやな~」

カスピ 「だれがペンギンの話してんのん!!
     ちゃうって!柴犬の子犬!!!」

M尾先生「あああ!ごめんごめん。干支かぁー
     先生は羊やで。」

カスピ 「もぉ~!!だーかーらー!!聞いてっっ!!」

・・・・と、M尾先生は私の話にことごとくスカタンな返事をするのです。

で、「この至近距離で話してて、聞き間違える訳ないやろ?
せやけど、子供は“自分の話が間違って伝わってるー”と思って
何回も何回も訂正するねん。
わざと間違えて、からかわれていると思わへん。
でも、大人になると、こうはいかん。
“はぁ?コイツ、なにいうてんねん?”って、その先を話そうとは思わへんねん。
だから、カスピちゃんは、子供の心を持った純粋な子やな~と思て。
(笑)からかってたんや」
と、いわれた。

その前に、部活の他のメンバーにはこの話をしてたらしく、
私は【いい見本】として、先生の説の裏付けになったのだ。

それからも、何度も私は、先生のこのいたずらに引っかかり
部活の友達に「だから、、、また、はめられてるよ」と助けられ、
「もぉ、いい加減わかりぃや」とあきれられるほどだった。

父としゃべっていると、M尾先生との会話を思い出す。
伝わらないわけないと思って、一生懸命何回も説明するのに
やっぱりスカタン返されて、
「だーかーらー!聞・い・てっっ!!」を繰り返している。

相変わらず、お子ちゃまなんだなー・・・・情けない。

ちょいと、明日は私がM尾先生の立場になって返答してみようか。

「午後から退院するから、家のカギ、あけといて」と言われたら、
「えっ?カイ?カイはなんとか元気にやってるよ~
 もうすぐ12歳になるねん」とか?
「ちがう!家のカギや!!」
「家のカギ?ちゃんと閉めてあるよ。心配せんでも大丈夫や」とか?

・・・うーーーーん、、、頭の回転が速くないと
絶妙の返しはできそうにないなぁー、、、

「そや、カイの散歩行かなあかんわー
 カギかけんの、忘れんようにしやなあかんわね。
 お父ちゃんもリハビリがんばりやー」と、かわすことができるやろか?

・・・・うーん、、、ヘタしたら、大変なことになりそうやな(^_^;)


あほなこと言うてんと、わずかな残り時間、
ロハスまでに、なにかできるかな。











コメントの投稿

非公開コメント

みなさんへ

*ぽんすけさんへ*

全然なんの準備もできず、「参加」しただけのロハスでした。
まあ、仕方ないさ♪
じぃは、明日退院します。
とりあえず、家に帰らします。
何が起こるかわからんけど、介護のヘルパーさんもついてくださるし、
心配してもしかたないです。
とりあえず、ガスコンロはIHに変えないとなーと考え中。

*okayaさんへ*

ロハス、暑かったですーーー。

2日目はケータイ電話を持って出るのを忘れてしまい、
その間にまた父は脱走騒ぎを起こし、
代わりにケータイの面倒を見てくれていたトノは右往左往したそうです。
ほんとにねー、、、
その場その場では、理解していても
それを覚えてないんですねー。

*あきさんへ*

おつかれさまでした。
いろいろ買われましたねーww
チューコーの材料が、次の作品になるのが楽しみです^^
また、お会いできるのを楽しみにしています。

No title

昨日はありがとうございました。
短い時間でしたがとっても楽しい
時間を過ごすことができました。

ロハスフェスタの後は日本チューコーで
やってしまいました。
金額もだけど荷物の重さも凄かったです(笑)

No title

ロハスの季節でしたね!
良い気分転換になったのではないでしょうか♪

認知症の方の言うことを否定してはいけない。。。
確かにそうなんでしょうね。
でも相手が他人なら何度同じことを言われても聞いてあげられるけど
身内の言うことは“なんで分かってくれないの!”って思ってしまうのでは。。。
どこまで本当に理解してくれているのかの判断も難しいですよね★

No title

ロハス~、そんな季節でした。
忘れてた。(汗)
かっぱ巾着可愛いです♪
いいなあ、ワタシも行きたかった。
 
今日は、毎年行くチューリップまつりに行って来ました。
とってもいいお天気で暑いくらいでした。
ロハスの会場もすっごく暑かったでしょうね。
でも、売り物が濡れなくて何よりですよね。
明日も良いお天気のようですね。
熱中症にお気をつけて、明日も頑張ってください。

カスピ師匠は、可愛い高校生だったんですね。
ワタシは、高校の頃、そんなに先生と話したことなかったです。
  
お父様、かなり大変そうですね。
認知症の方にお付き合いをした経験がないので、
本当の意味での大変さが分かりませんが、
気長におつきあいして差し上げてください。
といいつつ、自分が同じ立場になったら、
頑張れる自信はありません。(汗)
プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。