スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろやられてます・・・

その後の父ですが、、、

いろいろやってくれます・・・(T^T)クゥー

*******

4月11日(水)

この日は、大阪までおでかけやらかしに行こうと、朝からルンルンで準備。
もう家を出ようとしたとき、携帯がなりました。

「げっ、病院からだ・・・」

父がお世話になっている病棟の看護師長のHさんから。

「お父さんが病院を抜け出して、ご自宅に帰ろうとされて
 タクシーに乗って、今、隣県のH岡警察にいらっしゃいます。
 すぐに警察に連絡してください。」

はぁぁ~???

「警察」ってなんやねん?!?!

ウエピーさんとのお楽しみやらかしをキャンセルして、
隣県の警察に電話をかけて、迎えにいった。

後に、父を乗せたタクシーの運転手さんに話を聞いたら、、、、

父は、知ってか知らずか、看護師さんたちが朝のミーティングをされる時間帯に
病室の荷物を3袋の紙袋に詰め、ナースステーションからは少し離れた病室を
抜けだしたらしい。
病院前のバス停にいた父は、通りかかったタクシーを
手をあげて停め、「駅まで言ってほしい」と言ったそうな。
今朝、病院を退院してきた、家族に迎えに来てもらうのも、申し訳ないから
O阪まで一人で帰る、と。

「最寄り駅からは、電車に乗られるんですか?
 荷物が多いけど、大変ですね。」と運転手さんが話しかけると

「じゃあ、大阪のF駅の方まで乗せてくれ」と答えたそうな。

「大阪に行くには高速道路を使った方が早いけど、どうします?お金がかかりますが。」

その方が早いなら高速道路で、、、と、その後のやり取りで、降り口まで指定したらしい。

ところが、県境の有料のトンネルを抜けていると、メーターがどんどん上がってきて
父は所持金が足りなくなるとわかって、
「トンネルを出たら、近くの駅で下ろしてほしい」と言ったそうだ。

で、父の最終目的F駅に乗換なしでいける路線の駅にタクシーをつけてくれたのだけど
やっぱり1500円ほど支払えなかった。

で、運転手さんは困って、とりあえず警察に相談しましょう、と
近くの警察署に連れて行った。。。。

運転手さんは、まさか、認知症だとは思いませんでした、
しっかりと会話されてましたから。と。

警察署に待ってくれていたタクシーの運転手さんに
料金を支払いました。

警察は、全くお金を持たず乗車したなら、罪になるけど
所持金が足りなかっただけなので、それを支払ってくれて
身元を引きうけてくれる方がいるなら、なんの罪にもなりませんと
書類手続きだけで、解放してくれた。

私は、警察署の2Fの「刑事課」に出向き、
「取調室」なるところに通され、書類を書き、
父が連れてこられるのをそこで待ったのですけど、、、

会話もできる、お金が足りる足りないもわかる、、、
大量の荷物を持って病院を抜け出せる力もある、、、

でも、なぜ「F駅」に行こうとしたんやろう、、、
今の実家の最寄り駅とは2駅離れているのに。

いよいよ大変になってきました。

病院からは、そんなに帰りたがっているのだから、
今夜外泊されては?と言われたのですが、
そんな急には無理です;;と、病院に連れて帰りました。

父が脱走する前週の金曜日(6日)
主治医の先生と面談し、そろそろ退院に向けて準備を始めましょう、
一度外泊させて、家で出来ることと出来ないことを見極めてくださいと
言われていました。

で、14・15日で外泊することになっていました。

4月14日(土)

お昼ご飯が終わったころに、病院に父を迎えに行き、
久しぶりの家に連れて帰りました。

ちょうど、病院から自宅への道沿いに、お墓があるので
まだ残っていた桜も見ながら、お墓参りをすることにしました。
駐車場から、少し離れている我が家の墓まで、
迷うことなくスタスタと歩く父。

やっぱりこういうことは覚えてるんですね~

ところが、家に近づいてきても、いまいち何も言わない。
「ああ、懐かしいなー」とか「久しぶりやなー」とか、何もない。

クルマを自宅の駐車場に入れようとフェンスをあけると、
「ああ、そういえば、ここやったなー」

!!!!!

私の悪い予感は当たってました。
タクシーに乗って、「F駅へ」と指定した父は
やっぱり昔住んでいた家に向かっていたのだと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

遅くなりましたが優勝おめでとうございます。
これからも日々の練習頑張ってください。

会話がきちんとできると知らない人から
見ると認知症だと気づくのは難しいですね。
でもタクシー運転手さんがきちんと
対応してくれる人でよかったですね。

話はかわりますが、今度ロハスフェスタに行きます!
プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。