スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一段落。

その後いろいろありまして、
近所の老人ホーム入所の件は、なくなりました。

断られました、いい意味で。

*******

我が家から徒歩2分弱、24時間看護師常駐の
住居型有料老人ホームに見学に行ったのが、月曜日。

そのとき説明してくれた相談員さんから、
「いつ、来るねん?!」的せっつくような電話をもらったのが火曜日。

「退院する!」と言いまくる父と、
「今の間に、準備は出来るだけ早くすべし!」とアドバイスくれる
介護先輩方と
ちっともわからない専門用語と専門知識・・・

いっぱいいっぱいになってたところ、
事態は私の迷いを嗤うように急展開していきました。

で、水曜日。

病院内の社会福祉士のHさんから電話がかかってきました。

くだんの健康診断書、先生が書いてくれたので、
直接ホームの方にFAXしておきましたよ、と。
で、ホームに電話したところ、ホーム長さんがお父さんに直接会って
面談したいとおっしゃってます、ご都合はいかがですか?と。

げーっっもうそんな話になってるのぉぉー

社会福祉士のHさんに、火曜日にせっつかれるような電話をもらって
まだ1つのチョイスとして考えているだけなのに、
追われるようで迷っている・・・と相談した。

まず、父の今後の生活に、インシュリン接種はかかせない。
それをまかなってくれる看護師さんが24時間常駐している施設は
まずそんなにないこと。
私の家からとても近く、どうしても長引く介護生活には
これはとてもありがたいこと。
しかし、最初の入居一時金が、他のところと比べて確かに高額であること。
そして、施設に入れてしまうとやっぱり
これからの機能低下は否めないこと・・・
でも、リハビリ病院に入れて、どれくらい機能が回復するわからないのに
リハビリ病院を3か月期限で出るときに、この施設に入りたくても
そのとき空きがあるとは限らないこと、、、、

彼女は、今度父に会いに来てくれる施設の人は現場の人だから、
ちゃんと現状の父を見てもらって、疑問に思っていることは質問して
それから判断してもいいんじゃないですか、と言ってくれた。

「わたしも面談の席には同席させてもらいます」

まだこの仕事に就いて、そんなに長くないよなーと思うお若いH尾さんなのだけど
しっかりとしていて、ああ、心強い!

で、その面談が今日の夕方でした。

ホームからは、ホーム長さんと
施設内を取り仕切っているH川さん
そして、ヘルパー長さんと看護師長さんと
なんと4人もの方が、わざわざ父の病院にやってきてくれた。

ホーム長さんとH川さんが、まず父の病室にやってきてくれて
あいさつと自己紹介をされ、先に私と話がしたいと
別室で話し会いました。

そこで開口一番、責任者のH川さんが
「お父さんはまだお若く、しっかりなさっているので
私たちのホームでは退屈されると思います。
お預かりするには、まだ早いと思います」と。

先日会った相談員さんは、本社からの「営業マン」だから
「すっかりわからなくなってからより、
早めに入れた方が、ホームに馴染みやすい」だの
「元気な方が、ホーム内のアクティビティーなども楽しめる」だの
入所を勧めておられたけど、やっぱり現場の人は
全く違った意見をもっておられました。

「まずは機能回復病院で家に帰ることを目標に頑張ってもらったほうが
いいと思います。
そこを出ることになっても、老人健康保健施設でリハビリを続行することもできる。
それでも回復が望めなくなったとき、うちの施設に来てください。
でも現時点では、私たちがお手伝いする前に、
カスピさんとお父さんのお力になれるところはまだまだありますよ。」

いい人たちでした。

家が近いので、なにか質問があったら、遠慮なくセンターに聞きに来てくださいね。
ケアマネージャーも常駐していますので、相談にのります。とまで
言ってくれて、さっそうと帰って行かれました。

プロの方に、道を示していただいて
ほっとしました。
介護の入り口で、苦労された話は聞きましたが
院内の社会福祉士さんといい、ホームの責任者の方といい、
しっかりとプロのお仕事をされる方に恵まれて、
力を貸してもらえて助かりました。

リハビリ病院は、うちの家の近くで探してもらうことにしました。
「弓なんか引いてる場合か!何もかも捨てて、
24時間全力で父親の介護に打ち込め!」と
通りがかりの人に書き込まれましたが、
そんな風に聖人には慣れそうもありません。

未熟者の私には、父に笑顔で接するためにも、
充電する場所も時間も必要です。
弓引きながら、手づくりしながら、たまには友達とやらかしながら
笑顔をいっぱい充電して、
そしてそれを放電しながら向き合っていきたいと思います。


120309_2145~01

最近、お留守番が多くて、ふまーんふまーん(`へ´)

ボクとも笑顔で遊んでやー













コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

介護する側の人の心身が健全でないと
介護は続かないものだと私は思っています。
弓引く時間があるなら引いた方がいいと思うし
手づくりも、やらかしもやらなくちゃ!
カスピちゃんらしくあった方が
お父様の介護も頑張れるのでは・・・と思いますよ!
月並みのことしか言えませんが、気張らずにね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

よかったね

ホーム長さんがよい方で良かったねぇ。
介護は全力で頑張るもんじゃない。
やっぱりプロに相談しながら、無理せずにが一番ですね。
これからまだまだ長い道程、ゆっくり行こうよ。
頑張らないのがいい。

No title

よい方々に巡り合えてよかったですね~
サポートをしてくれる人が頼もしいって安心ですよね。
しっかり自分の時間も大事にしつつ
お父様に顔を見せてあげてくださいね。
親の介護はホント子どもにとっては胸が痛むものですね
祖母の介護をみていても辛いですもの…
「スーパーおばぁ」だったのになぁ~…って(笑)
ファイトp(^v^)q
プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。