スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外駐在妻物語  46

ワールドカップの原体験


ほったらかしのこのカテゴリーですが、
普段、サッカーにはちっとも興味のない私が
Wカップを応援する原点は、カナダでの体験にあります。

今夜の試合の前に、想い出を綴っておきます。

******

1992年、日本ではバブルがはじけ
私たち駐在員の生活も、一気に質素になりました。
バブル時は、ジャパンバッシングに合い、
【イエロージャップ】となじられ、唾をはきかえられたり
【日本人はお断り】とお店を追い出されたこともありました。

そんな真夏の夜の夢がはじけ、「ありときりぎりす」のきりぎりすがごとく
日本人が意気消沈していたときに
バルセロナ・オリンピックがありました。

海外にいると、日本選手を応援したくても
決勝戦に出て、金メダル争いに絡んでくれない限り
テレビに映ることはありません。

あの年、岩崎恭子ちゃんが、中学生ながら水泳で金メダルを獲りました。

彼女のあどけない笑顔が
全世界で何億人という人が見ているだろうTVの画面にアップになり
我が母国の旗が真ん中で高々と掲げられ
国家が流れる・・・・

涙があふれましたね。TV画面に向かって一緒に国家を歌いました。

海外に暮らすと、これがどんなに感動と感慨を呼ぶものか、、、

日本を一度も離れたことのない方には、
多分想像の範疇を越えていると思います。

「日本もお金だけじゃない、スポーツでもやるときはやるんだよ!」と
どんなに勇気づけられたかわかりません。

スポーツ選手は、彼らの才能と努力の成果を
否が応でも日の丸模様のリュックに詰めて
背中に背負い、世界を相手に戦う。
草の根ながら、世界の中に放り出された私も
やはり日々、小さな日の丸を背に小さな戦いを続けていたわけです。

世界の目の前で日の丸が翻る・・・
あの感動は、今はのほほんと日本に暮らしていても
ちっとも色あせることがありません。


*******


カナダ在住最後の年・1994年、その年のワールドカップは
私が当時暮らしていたカナダのお隣の国・アメリカで開催されました。

Wカップが近づいたころ
近所の家の庭の真ん中に、突如大きなポールが立ちました。

????と思っていると
「こんな大きな国旗はどこで買ってくるねん?!」
国連本部の前でもこんな大きな国旗とちゃうやろ・・というくらいの
ブラジル国旗が翻りました。

街のあちこちに、母国チームのユニフォームを着た人が集い
普段はそんなにサッカーファンとは思えない友人達が
いきなり熱く母国チームについて語り出す。
熱弁をふるうアルゼンチンや韓国の友達がうらやましい限りでした。

その年の決勝は、ブラジル × イタリアでした。

決勝戦を前にして、国旗色に塗り分けたクルマや
国旗を屋根に巻き付けたクルマ
窓から、国旗を振り回すわで、
交差点で敵同士のクルマが出会った日にゃ
クラクションの応酬が繰り広げられ
街は一気にお祭り気分に引きずり込まれました。

その中でも、私が出会った忘れられないクルマがあります。

そのクルマはアメリカフォード社のまっかなマスタングで
窓から大きなイタリアの国旗を立てて
街中をクラクションを鳴らしながら疾走していました。

圧巻だったのは、そのナンバープレート

【GOT BZL】

Got Brazil・・・【ブラジル、打ちとったり!】

カナダでは好きな言葉でナンバープレートを申請することができます。
決勝戦でブラジルと当たるとわかってからでは
そんな短期間でナンバープレートは作れないので
きっと、彼はこれをいつか使えるようにと
前々から準備していたのでしょう。

こういう熱い母国愛に触れれるのも
海外に暮らしたからこそ。

今、私があの時のカナダに暮らしていたなら
ナンバープレートは【SAMURAI】とし、
ブルーのクルマを運転したことでしょう。


さて、ここまで来ました。
私たちのチームには、負けて失うものなど
何もない。
相手の胸を借りて、ドーーンとぶつかってほしいと思います。
日本、やるやん!というところを
全世界に見せつけてやってください。

がんばれ!岡田ジャパン


スポンサーサイト
プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。