スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外駐在妻物語 35


極寒の地 その1

エドモントンは、とても自然豊かなところだった。
豊か・・・なのだけど、その自然は、とても厳しかった。
私はそこで、夏も冬も、数々の貴重な経験をしている。

トロントの寒さにも閉口したが、
エドモントンの寒さの比ではない。
エドモントンでの、寒さの恐怖体験をあげたらキリがない。
初雪は8月末、そして最後の雪は5月末だった。
私が体験したエドモントンでの日中の最低気温は-42℃
その日は風も強く、体感温度はなんと
-78℃だ。

これほどに冷え込むと、まず物流が滞る。
生鮮食料品が街に入ってこなくなる。
スーパーに行っても、野菜や牛乳の類はなにもない、、、、
食べるものがなくなって、カナダ人友だちの家に
イソップ童話のキリギリスのように
頼ったこともある。
冬はそれを考えて、冷凍や缶詰の野菜、そして
ロングライフの常温保管できる牛乳を
地下室に買い置きしておくべきなのだそうだ。
友人宅の地下には、棺おけサイズの冷凍庫が
4つも置いてあったのを思い出す。

*****

クルマが凍りつく。

エドモントンでは駐車場は屋外だった。
以前、エドモントンの再訪したとき記事にしているが
クルマの前から、プラグがでている。
それを、駐車場にあるコンセントにつないでおくのだ。
エンジンが凍りつくのを防ぐために、暖めておく。
ガソリンも、タンクの4分の1以下にするな、と
言われていた。もちろん、凍るから。
当然、ガソリンやエンジンオイルも凍るので、タンクには
不凍剤を入れていた。

後に私が手に入れたニッサン・ミクラ(マーチ)には、
2本のプラグが出ていた。
1本はエンジン用、そして1本はバッテリー用。
これだけ寒くなると、バッテリーが勝手に放電し始める。
冷え込んだ朝、バッテリーが上がってしまって
会社にいけなくなる人たちを見越し
トラックが【エンジン、25ドルでかけまっせ~~】と
流しでやってきていた。

*****

クルマのドアが凍り付くのは当たり前だが、
鍵穴も凍る。
オートロックなんて、ハナから役に立たないから
鍵穴にキーを入れても、回らない。
それを瞬間に溶かすスプレーも販売されていた。

そして、タイヤも凍る。

タイヤの中の空気が、寒さのためカサが減る。
すると、道と触れ合っているところの、平らになっている面積が増える。
そのままタイヤが凍るので、英語の【D】のような形に固まってしまうのだ。
これを、スクエアタイヤと呼んでいた。

クルマに乗り始めは、文字通り四角いタイヤを履いてるように
ガタゴトガタゴトと揺れ、ハンドルを取られる・・・・
エドモントンでは、これを運転できて、一人前なのだそうな。
もちろん、道にはずっとの積雪がある。

当然、トランク内も凍る。

クルマで買い物に行って、コカコーラの缶入り6本を買い、
それをトランクに積んでちょっと寄り道した隙に
全部凍って破裂して、春までコカコーラの氷塊をトランクに忍ばせたまま
運転していたこともある。
食料品を買ったら、必ず座席において
直帰しないといけないと学んだ。

*****

そして、何よりの教えは【サバイバルキット】だ。

冬に運転するために
【サバイバルキット】を積んでおくように・・・と
一番初めに教えられた。
雪でクルマが立ち往生し、身動きが取れなくなっても
一晩クルマの中で生き延びるための命綱だ。

まずは、毛布。
これは当然かと思ったが、使い方はスリップするタイヤにかまして
脱出を試みるためのものではない。
単純にカラダを包んで暖めるためだ。
クルマが止まってしまっても、
車外にはゼッタイに出るな、というのが掟だ。

すぐそこに、ガソリンスタンドの明かりが見えるから
助けを呼びに行こう・・・と歩き出して、みな、凍死するらしい。
-40℃以下にもなる夜間は、ちょっとの時間も外ではすごせないのだ。
だから、クルマの中で誰かが発見してくれるまで
車内でビバークする。
このころはまだ、携帯電話は普及していないことを
念頭において読んでいただきたい。

次に、太い大きなろうそく。
そして、マッチ。

雪深い中ではアイドリングし続けるわけにはいかない。
すぐにマフラーが雪に埋まり、排気ガスが車内に
流れ込む。
だから、エンジンを切り、ろうそくをともして
クルマの窓を1cmほど薄く開ける。
すると、車内は一酸化中毒にもならず、凍え死にもしない
カツカツの温度が保てるそうだ。

ホウロウのマグカップとホットチョコレート

雪は窓の外に山のようにあるから
その雪をマグカップに入れて、
ろうそくの火の上で溶かして湯にし、
ホットチョコレートで暖と栄養を取る。

高カロリーなチョこバーやナッツ類も入れておこう・・・

最初は、冗談でからかわれている・・・と思って
聞いていた話だが、この後、私は身をもって
エドモントンの寒さを体験することになる・・・

その?へつづく。



*****



ノォォ~~~~~

チンゲンサイカパザイル、パスポートを強奪する・・・


悪そうな顔して、笑ってるなぁ
せやけど、、、仕事しぃや~


スポンサーサイト
プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。