スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手、ゲットだぜ!

21日(日)第71回国民体育大会のブロック予選が行われました。

わが県男子1位、女子2位となり、
6府県の上位3県に与えられる、本大会への参加権利を
成年男女ともゲットしました。

いや~~~よかったーー
ホッとしました。
ブロック予選がいちばん精神的にしんどい。

わが県は、事前に行われた抽選で、1番を引き当て
一番最初に引きました。
2チームずつ引くのだけど、第一射場なので、後ろの様子もよくわからず
引き終わったら、監督からすぐに控え室に帰るようにとの指示だったので
ほかの県の結果が全くわからなかった。

いったい自分たちは今どうなっているのか・・・

なので、すべてが終わってから、2位通過したことを知らされ
嬉しビックリ!!

でも、それがよかった。
立ち順が後ろなら、前で引いてる他県がやっぱり気になる。
目はふさいでも、耳はふさげない。
的に中る音とか、○○県は何中という場内アナウンスとかが
いやでも耳に入る。
気にしないでおこうと思っても、私なんかすぐとらわれちゃう。

他県の結果に全くとらわれず、引けたことはラッキーでした。

集中して引けた矢もあったけど、
やっぱり余計な欲に無駄な力が入った射もある。
特に4本目は、どうしても決めなきゃという気負いが大きく
ことごとく抜いてしまった・・・
まだまだ精神修養が足りません。

淡々と自分の弓を引く。

本大会まであと1か月。
少しでも成長して、晴れの舞台に立てるように
残り少ないですが、しっかり練習します。

応援にきてくださったみなさん、暑い中ありがとうございました。
ワクワクしっかりがんばります。
応援ご指導よろしくお願いします。
スポンサーサイト

いざ、出陣!

岩手国体のブロック予選が週末に近づきました。

初めての県代表。
なのに、射は全く安定しないまま。

中てなきゃ、と思ってるわけじゃない。
抜けたらどうしょう、
足を引っ張ったらどうしよう、、

連日のオリンピックッフィーバーの中、
「今日の負けのすべての責任は私にある」と言った
愛ちゃんに涙し、
「ごめんなさい」と謝る沙保里さんに泣いた。

ぜんぜんレベルは違うけど、気持ちはすごくわかる。

今日、最後の練習に行ってきた。
ご指導くださってるA先生とT先生が、私と一緒に立ちを組んで
四ツ矢引いてくださった。
強化練習で全然中ってない私が、×○○○と3中し
落ちとして大事な最後の矢を的に入れることができた。

先生方の温かいエールに肩の力が抜けて、ホッとしました。

「落ち着いて自分の射をしたらええねんで」


初めて強化チーム入りした5年前、
メンバーとのあまりのレベルの違いを目の当たりにし、
練習で引くのも苦しかった。しんどかった。
当時早気だった私は、国体選手の最終選考会もボロボロで
その日の帰り、T先生に思い切って聞いてみた。

「早気を治すにはどうしたらいいんですか」

「練習では早いけど、そこそこ中るわな?
試合になったらもっと早なって、外すわな?
そんなやつをどうやって応援したらええねん?」

そう、早気とはそういうことなんだ、、、って
しみじみ分かって、帰りの車の中で泣けて泣けて・・・

それまではいつか治るやろうくらいに思っていた早気を
ほんとに本気で治さなくてはならないと。
それをするのはだれでもない、自分なのだと。

結局早気が治るまでには、そこから2年ほどかかったのだけど、
いつかT先生に応援してもらえる選手になる!と
あの日誓ったことを
吉田選手のうずくまる背中に
思い出しました。

みんなの応援を力に
このドキドキを楽しもう!!

ブロック予選を勝ち抜けて、本選に行けるのは
たった3チーム。

行ってきます!

がんばりましたん♪

10月16~18日、東京明治神宮にある中央道場で行われた
全日本弓道遠的選手権大会に参加してきました。

夢のような時間、思いっきり楽しんできました。

    

16日(金)
我が県代表の男女4人で、「のぞみ」に乗り込みました。
地元は、朝日が目に染みるほどの好天だったのに
東京が近づくにつれて、雲行き怪しくなり
代々木は雨・・・・
萎えるぅ・・・・

道場に直行。ソッコウ道着に着替えて、公開練習に参加。
初めての中央道場。
その大きさと、木々の中の静けさにテンションはあがるww

しかし、全国から男子105人、女子101人の参加なので
一手引いて次に引けるのは30~40分後。
しかも雨がしとしとと降り、寒いのなんのって。
「これくらいにしといたらぁ~」と、3回(6本)引いて、終わりとしました。

2時半から、参加選手全員で、神宮参拝の予定でしたが
雨のため中止。
ゼッケン1番の男女2名が代表で参拝してくれました。

うーーーん、、、ちょっと残念。楽しみにしてたのにな~

その後、開会式と矢渡しが行われ、解散。
ホテルにチェックインして、4人で晩御飯を食べに行って
9時過ぎには各自部屋に戻って明日に備えました。

    

17日(土) 朝から雨で、とても寒い!

9時から競技開始。
まずは一手(2本)なので、すぐに順番が回ってきました。

甲矢はわけのわからんうちに引いて、〇!
1本目、的に入りました。
ああ、よかったーと落ち着いた2本目。
打起こした瞬間、急に右ひざがガクガクと震えだしました。
もうガクガクで、腰が抜けそうなくらい。
あっかーーーん!倒れるぅーーー!と離れた矢は、惜しくも的を外しました。

こんなんはじめて!
手がプルプル震えるのは、何度も経験してますが、
膝があんなにガクガクになるなんて!!
寒さのせいではないよね。びっくりしました。

応援にきてくれてたMさんが、射をビデオに撮ってくれていて
それを見たら、ああ、私、いつもどおりに引けてるって
落ち着くことができました。
大丈夫。ダイジョウブ。

で、午後からの四矢を
すべて的枠ギリギリに入れることができ、
6射5中で決勝進出を決めました。

上位24人で翌日の決勝を戦います。

予選6射が終わって、男子は6中と5中でちょうど24人。
同県の男子は予選敗退となりました。

女子は6中がわずか1人。
5中と4中とあわせて18人。
残り5席を巡って、3中25人で遠近競射が行われることになり
同県のSさんが参戦しました。
競射にむかうSさんが、
「カスピちゃん、待ってて!私、絶対に残るから。
 明日一緒に決勝戦に行こう!」と。
その目の光と、醸し出すオーラを見たら、
「Sさんは、ダイジョウブだ」と確信しました。

競技は79cm的だけど、
遠近競射は同じ100cm的に向かって25人が引き、
より中心に近い人から5人選ばれます。

その公言どおり、Sさん、真ん中の白に打ち込みました。

総毛立ちましたねーー!!
こりゃ負けてられないな。明日は一緒に頑張ろうって誓いました。

    

18日(日)雨があがって、お日様がのぞきました。

1つの的に4人、2射場あるので、1回に8人ずつ射場に入ります。
男女24人ずつ合計6立ち。
一手ずつ5回引きます。
控えに椅子が置かれていて、弓矢を置く場所も決められている。
大体20分に一度、引く順番が回ってくるのだけど、
引き終わったらすぐに控えにもどって、うろうろする時間はない。

決勝経験者の同県の男子のYさんから、
「あの時間が中途半端に長く、重苦しくしんどい。
 どうやって過ごすかが、カギだと思います。」と聞いてたのですが、
とにかく初体験。
男子選手には「五郎丸選手」のようなルーティンワークを持ってる人が多く
その人たちを観察してるうちに自分の順番が回ってくる・・・という
非常に緊張感のない控えを過ごしていました。

〇× 〇〇 ×〇 〇×
一手4回を終えた時点で、3本も抜いてました。
まったく他の人の中りは気にしてなかったのですが、
最後の一手を残して、10分休憩のときに射場の掲示を見ると、
残り2本が入ったら、もしかしたら
何かにからめるかもしれない・・・

いやいや、、、色気はあきまへん。
この道場で、あと2本しか引けないんだから
大事に丁寧に1つずつ確認して引こうと決めて入場しました。

1本め、またギリギリに入って、〇
2本め、よし!最後!!落ち着いて引けて、今日1番の射が出ました。

10射7中で終えました。

残りの8人の射を待ちました。
ここまで1本しか抜いていなかった選手が
まさかの××で7中に並び、全員が10射終了。

女子の優勝は9中
8中が2人で、2・3位決定の遠近競射。
そして、なんと7中8人で4・5位決定の遠近競射となりました。

予選・決勝と、運よく同じ立ち位置で引いたのですが
ここにきて初めての大前(滝汗)

1510-19-01.jpg


でも、なんか、もうすべてが初体験すぎて
1周回って落ち着いたっていうか、、、

私の場合、狙って中るもんでもないんだけど、
私の放った矢は、真ん中の白にギリギリ入ったのが見えました。

「おおおおぉぉぉぉーーーーー!!」という観客の歓声と拍手を
気持ちよく全身に受けながら弓倒しして、残り3人を残して退場しました。

8人が引き終わった後、自分の矢を持って再度道場内へ。
4位と5位の矢が抜かれて、場内に持ってこられました。

上(4位)の矢は、私のじゃない・・・・

私の隣の人が、手をあげて受け取られました。

でも、先生の手に残っている矢は、私のだよね?!?!

ハイ、なんと5位入賞いたしました!!



1510-19-02.jpg

賞状とメダルをいただきました。

ビギナーズラック、上出来すぎて恐ろしい・・・

今回はわけのわからんうちに楽しく引くことができましたけど、
もしまたこんな機会に恵まれたら、きっと欲にまみれ
こんな気持ちでは引けないんだろうな。
自分の実力だけじゃなく、運が左右していたことも
こんな素晴らしい結果に結びついた大きな要因です。
今度は、過去の自分との闘いにもなります。
弓の神様のご褒美でしょう。
ご指導くださる先生方や、一緒に練習している弓友、
そして支えてくれる家族のおかげです。
これを励みに、おごることなく
なお一層精進します。
ありがとうございました!!







夏、終わる。

あっという間にお盆が終わってしまいました。
空の色も少し薄くなり、
夏のピークは終わった感じがする。。。

   

8月15・16日、国体の近畿ブロック予選が行われました。

1508-19-03.jpg

結果は、我が県は全滅・・・
少年男女・成年男女とも、どのチームも
本戦に進むことはできませんでした。

私は4番目のメンバーとして参加しました。
初めて、パンフレットにも補欠として名前をプリントしてもらい
15日の前日公式練習にも一緒しました。

熱気がすごくてね~、それなのにピリッとしてて
ワクワクしました。
ああ、こんなに楽しいもんなんだなって。
まあ、私は補欠としての気楽さがあったからだろうけど^^

16日、メンバーチェンジはなく、私に道場に入る機会は与えられず
応援席から仲間の頑張りを見守りました。

朝イチの遠的競技1立ち目。
そんなに緊張しているようにも見えなかったし、
射もいつもと変わらないように見えたのだけど
中りはいつものようにはいかなかった。

射場で戦う仲間に「落ち着け!頑張れ!」と念を送りながら
こっちまで胃が痛かった。

結局、6チーム中、ダントツの点数の差をつけられての最下位。
2立ち目でかなり盛り返したのだけど
4位とわずか3点差で最下位に終わった。

近的は抜群の射で、1位。

遠的であと1本的に入っていれば、結果は大きく変わったかもしれない。
弓道の試合は、泣くも笑うも、いつも1本なんだよね。

同じように暑く、汗をながし、
胃の痛くなるような思いをし、
焦り、高揚した気になってましたが、
それはやっぱり勝手な思い込みで
ほんとの景色は、射場からしか見えない。

暑い思いも
焦る気持ちも
失敗を悔やむことも
興奮も
緊張も
喜びも
やっぱり、射場で経験しないと意味がない。

今年の和歌山国体を、ひとつの区切りとしていたので
今のところは、来年はもうないと思っている。

でも、日々の1射1射が
あの舞台につながっていることは痛感したので
週末から再開する練習では
1本1本を大切に、気を引き締めて練習したい。

来年のことはわからない。
まずは1歩ずつ。

強化練習は9月末まで続きます。
私は10月の遠的選手権に選ばれているので
これに向かってしっかり気持ちも射も作っていきたいです。

熱い夏、終わりました。

   

1508-19-02.jpg

その後のカイは、すこぶる元気になるわけでもなく
弱ってくるわけでもなく、
日によってはシャキシャキと歩き
また別の日は、フラフラと足元おぼつかなく
日々をまったりと過ごしています。

昼の間は、おもらししちゃっても
その都度片付けて、世話しているのですが
夜はオムツをしてもらってます。
今朝は、横からウ〇コが漏れてて・・・
ワカと一緒に大騒ぎしました。

食欲はあり、ご飯のときだけは
自力で立ち上がってくるww

食べてる割には、体重が減少してて、
エネルギーが足りないらしい。
消化吸収も悪くなってきてるからね。
シニア用缶詰にカロリーの高いアダルト用を混ぜて与えて
様子を見ています。

   

1508-19-01.jpg

まいにち、修造!

いろいろ頑張りたいと思いながら
気力と体力が足りない。
焦ってもしかたない。
私はわたし。ゆっくり行こう。




師走!

あっちゃーーー!!
あっという間に、カレンダーも残り1枚・・・汗
しかも、12月になったとたんに、めっちゃ寒いっっ

昨日、あわててクリスマスツリーを出しました。
文字通り、倉庫から「ひっぱりだした」だけ・・・
日本に帰ってきてから、家のスペースの都合で、
クリスマスツリーが出せなかった。
うちのツリーは、カナダに赴任した初年度に
チョーシこいて買ったもので、めっちゃデカイ。
高さは180cmしかないのだけど、胴回り?がデカく幅を取る。
半周を畳んで、180°だけの扇型で使おうかとか思ったけど
それもなー・・・と、帰国後1度も出してなかった。

ゆえに8年ぶり。

今年出そうと思ったのは、今夏、庭にガーデンルームを建てたから。
クリスマスツリーのために建てた、といっても過言ではないww

1412-02-01.jpg

で、8年以上前のライトじゃ、怖いなーと
デコレーションライトを買いに行ったのだけど、
いいのがなかなかない!
赤とか緑とかの4色もあるやつは、いやだ。
パステルカラーのライトも似合わない。
「ゴールド」といわれる、白熱灯のような色合いが欲しいのに、ない。

そういえば、「お値段以上」のお店の広告でみたなーと
隣町のニ〇リにクルマを飛ばしていくと、1箱しか残ってなかった(泣)
100球くらいじゃ話にならん。
で、他店が持ってた在庫を2箱、取り寄せてもらってます。
到着は4日・・・
もっと早く動くべきだった・・・
あと2日、裸の木を放置です。



クリスマスの準備が滞っていたのは、審査の勉強をしてたため。

11月29日(土)、錬士審査に初挑戦しました。
一手(2本)は〇〇で、束中、結果は、×
射は、そんなに悪くなかったと思う。
少々難あり、かもしれないけど、今できる射は出し切れたと思う。
見ておられた見ず知らずの方から、
「お上手ですねーいい射でした!!」と声をかけてもらえたし。
「〇番のカスピさんっていう人、よかったよ~」と
話されてるのを聞いたし。

五段になって、わずか1年少しでの受審だったので、
もしかしたら、受験番号1番になるかも、、、と思っていたのですが、
第1グループの5人には入ったけど、1番ではなかった。
だから、ちょっと「ホッと」したんだよね。
前の人についていったらいいや、って。
その気のゆるさが、あかんかった気がした。
何番目で引こうが、自分に目を向けさせるような心構えがなかったと思う。

次の日(日曜日)に県内の講習会に参加して、
いや、、、それだけじゃなく、私はすべてに対して足りないな、と
痛感しました。
射技だけじゃなく、気持ちだけじゃなく、覚悟も自覚も、
知識も経験も足りない。

不合格は当然といえば当然だったわけで、
うかつに合格しなくてよかったと思いました。
負け惜しみじゃなく、ね。
まだまだ私は「錬士」を背負うのは重すぎます。

厚かましく受けてみてわかったこと。
いい勉強と刺激になりました。
しっかり練習して、受審の覚悟が決まったら、また挑戦します!



1412-03-01.jpg

昨日、薪ストーブに今季の火入れをしました。
ホカホカ暖かい♪
10月11月と、イベント続きで駆け抜けてきました。
今年も残りわずか、大事に時間を過ごしたいです。






プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。