スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙の月

51D43V8QGfL__AA160_.jpg

紙の月 角田光代

去年、ドラマにも映画にもなった
角田光代さんのベストセラーですね。

「ソロモンの偽証」を読んでる最中に、トノが買ったこの本が家にあることに
気がついていたのですが、「ソロモン」に手間取り、なかなか読めなかったww
ドラマ放映は知らなかった。
映画は見たいと思ったのだけど、友達を「行かない?」と誘った時には
「もう観ちゃったーー」との返事で、見逃しました。

主人公の梅澤梨花が、パート先の銀行のお金を
1億円横領して、タイに逃亡する話なんだけど、
読んでいてとっても不思議な感覚を持つ話でした。
「どこからが犯罪なんだろう?」
いや、のっけから、犯罪なんだけど
人が間違いを起こすために乗り越える壁は
以外に低く、さほど罪の意識もなく
またぎ超えてしまうものなのかもしれないなと。

原作には、ニュースで「梅澤梨花」を思い出した
学生時代の友人や元カレなどの「今」の話が出てくる。

指名手配された梨花より、節約に血眼になり、
挙句子供が万引きをしてしまう岡崎木綿子のほうが
よっぽど精神的に病気な気がするし、
若い男の子と不倫関係を続ける梨花より、
離婚して別居した娘とお金を介してしか関係を築けない
買い物依存症の中條亜紀のほうが、不健全な気がする・・・

お金との付き合い方は、難しいなーと感じた本でした。

ドラマでは原田知代さんが、映画では宮沢りえさんが
主人公を演じておられますが、
どちらもピッタリですね。
お金を振り回し、手垢に汚れない感じ^^

ハリウッド映画のような本。あっという間に読めます^^



スポンサーサイト

やっと読破♪

1501-28-01.jpg

熱出して、寝込んでたおかげで(笑)
無事読み終わりました。

「ソロモンの偽証」 宮部みゆき  全6巻

クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。
柏木卓也、14歳。
彼はなぜ死んだのか。殺人か、自殺か。
謎の死への疑念が広がる中、
‘同級生の犯行’を告発する手紙が関係者に届く。
さらに、過剰報道によって、学校、保護者の混乱は極まり、
犯人探しが公然と始まった―。
(第1巻背表紙より)


6巻、正直長かった。

今までにも、宮部さんの長編は、ミステリー・ファンタジーともに
ほぼすべて読んでいるのだけど
これはいちばん長く感じたな。
中学生が主人公だからか、「現代ミステリーの最高峰!」なんてあおられても
いまいち物語に入り込めない。
途中から、ああ、私の世代の読者は、この物語の中の保護者たちのように
手をこまねいて、ただそばで見守るしかない立場なんだなーと。
だから、その気持ちのまんま、最後まで読み終えさせるのは
作者の思うところなのかもしれないね。

中学生という、大人と子供の狭間の世代には、途轍もない力がある。
子供ではできない、大人には考えもつかない。
宮部さんの本には、この世代の子供を主人公に据えた物語が多い。

ぜひ!とおすすめするタイプの本ではないです(笑)

私としては、6巻の巻末に収録されていた、
書き下ろしの「負の方程式」
主人公の藤野涼子ちゃんの20年後の話が
へぇ~ああ、そうなのぉーと
面白かった(笑)
立派になったねーって、やっぱり近所のおばちゃんのような
感想をもって読みました。

ああ、やっぱり作家にしてやられているのですね^^

たしか映画化されてますよね、今春公開くらいでしたっけ。
主人公の藤野さんや、神原くんにも興味があるけど
立派な判事役を務めた井上くんに興味があるな~^^



私は本を買って読む派です。

なにせ、読むのが遅い。
ソロモンの偽証も6巻あったとはいえ、3か月近くかかってしまった(^_^;)
図書館で借りると、読み終えれないのがその理由なのだけど
なんとなく、まっさらな本を前に
「おじゃまします」というか「いただきます」というか
物語に入っていく緊張感みたいなのが、好き♪

トノは読むのがめっちゃ早いし、通勤時に目についた本を
すぐ購入するので、話題の書や新刊は購入前に確認しないと、
同じ本を夫婦で買って読んでたってことになる。

そのときに、平積みになってる人気の書は、ほぼ読んでいる。
トノが買ってきて、その後、興味のあるのだけを読むって感じかな。
結構な冊数を読んでるのに、なんの記録も残さないし、
読み終わると、物語の世界から這い出ると記憶にも残さないので
すぐに忘れてしまう・・・

しかも、文庫本なので、たまるとすぐにブック〇フに売りに行っちゃう。

今年からは、ちょっと書き残しておこうと思う。
同じ本を手に取って、ああ、これ、もう読んだ!とならないように・・・(笑)



プロフィール

カスピちゃん

Author:カスピちゃん
弓と布と毛糸と
絵の具と戯れ
メロンパンとたこ焼きを
こよなく愛する
大阪のおかん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。